船舶の燃料油測定システム

船舶用燃料油測定の認定されたソリューションによる、最高レベルの透明性と信頼性を確保。

来る日も来る日も、タンカーや貨物船、ばら積船、漁船などの燃料タンクに燃料油がポンプで注入されています。タンクゲージなどによる従来の数量測定は、体積から質量への計算に誤りが起こりやすく、大きな不確定要素の入り込む余地があるばかりか、空引きや「カプチーノ効果」によって生じる泡噛みが考慮されていません。しかしエンドレスハウザーの船舶用燃料油測定ソリューションは、このプロセスでの測定誤差を、わずかでも見逃しはしません。

船舶用燃料処理プロセスの透明性と信頼性 ©iShutterstock
はしけに設置された船舶用燃料測定システム ©Endress+Hauser
船舶用燃料処理プロセスの透明性と信頼性 ©Endress+Hauser
船舶用燃料測定システムのPromass ©Endress+Hauser

システムの透明性で最高レベルの信用を獲得します。

エンドレスハウザーの船舶用燃料測定システムは、世界で実証されたコリオリ質量流量計に基づいています。質量流量計は何十年にもわたって石油・ガス業界で保税アプリケーションに用いられており、高い評価を得ています。従来の測定機器が抱えていた問題を解消し、燃料積込手順で最高レベルの透明性を保証します。燃料積み込みの専門家が開発し特許を取得したこのシステムでは、タンクを空にするときも、測定において泡噛みが適切に考慮されるようになっています。

利点

  • 船舶用燃料(バンカー燃料)の供給量に対して正確で疑いの余地のない請求を行うことで、信用と収益性を同時に確保します。

  • 燃料補給プロセスの最初から最後まで複数のプロセスパラメータを同時モニタリングすることにより、また泡の存在や空引き時の「カプチーノ効果」の可能性を検出することにより、透明性が向上します。

  • 体積変換なしの正確で直接的な質量測定により、高効率かつ持続可能性の向上でになってアイドリング時間を短縮できます。

  • ヨーロッパのMID(計測機器指令:MI-005)規定に基づいて認定された測定システムによる掛け値なしの安全性で、シンガポールの海事港湾庁(MPA)からも商業利用の承認を獲得

  • 分かりやすい制御盤でのシンプルな操作と最適な制御と、 重要なパラメータへのダイレクトなアクセスで時間を節約 。パラメータについて万一分からないことがあるときは、いつでもデータをプリントアウトしてコンサルティングを受けたりすることが可能です。