電磁流量計

あらゆる産業のすべての導電性液体に対応可能な実績ある流量測定技術

電磁流量測定は、60年以上にわたってあらゆる産業において利用されてきた方法です。この方法は、水、酸、アルカリ、懸濁液など、すべての導電性液体に適用できます。代表的なアプリケーションとなるのは、流体、充填、添加の監視、ならびに保税アプリケーションの高精度測定です。1977年以降、エンドレスハウザーが販売した200万台の電磁流量計は、メンテナンスが不要でプロセスへのシームレスなシステム統合を実現しています。

産業環境においては、電磁流量計は主に水管理と水処理、ライフサイエンス、食品産業で使用されます。トンネル建設と鉱業においては堅牢な電磁流量計が、固形分を含む研磨性の鉱石スラリー、砂水混合物、充填材または粉粒体を必要な精度で測定するための唯一の選択肢となることが少なくありません。

Endress+Hauser電磁流量計の世界的リーダーとして評価され、グローバルマーケットリーダーシップ賞を受賞しました。 ©Endress+Hauser

Endress + Hauserは、Frost&Sullivan により電磁流量計の世界的リーダーとして評価され、グローバルマーケットリーダーシップ賞を受賞しました。

電磁流量計の測定原理

Proline 300/500 – 最新の流量測定技術

流量計の取り扱いを簡単に

エンドレスハウザーの電磁流量計の歴史

電磁流量計の測定原理

ファラデーの電磁誘導の法則では、磁界で動いている金属棒が電圧を誘起するとされています。このダイナモ原理は、電磁流量計の作動方法にも影響を与えます。

流体の帯電粒子が、2つの磁場コイルによって発生した人工的な磁界を横切ると電圧が生じます。2つの測定電極により測定されたこの電圧は、流速、したがって流量と正比例します。

    

交互に極性変化するパルス直流電流により磁界が発生します。これにより安定したゼロ点が確保され、多相流や不均一な液体、導電率が低い場合にも影響を受けることなく流量測定が行われます。

利点

  • 測定原理は、圧力、密度、温度、粘度の影響をほとんど受けません。

  • 固形分を含む流体(例:鉱石スラリー、セルロースパルプ)の測定も可能

  • 幅広い呼び口径(呼び口径2~2400 mm、1/12~90")

  • 制限されていない配管径:CIP/SIP洗浄可能、ピグ洗浄可能

  • 可動部なし、メンテナンスフリー

ダウンロード