エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーで働くということ

製品ツール

製品およびサービスに関するお問い合わせ

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ
各種アプリケーションに対応するケーブル付プローブおよび温度計

ケーブル付プローブ

各種アプリケーションに対応するケーブル付プローブ

プラグインまたはネジ込み接続用の取外し不可能なケーブル付きのコンパクトな測温抵抗体(RTD)および熱伝対(TC)温度計です。コスト効率の優れたこのセンサは、多くのプロセスやラボアプリケーションで使用されます。
ケーブル付プローブは設置が容易で、一般的なプロセスにおいて信頼性のある高精度の測定を実現するため、操作上の安全性が向上します。

ケーブル付プローブ

製品ファインダは、製品特性による適切な測定デバイス、ソフトウェアまたはシステム製品の検索をサポートします、 Applicator(アプリケータ)は、アプリケーションパラメータによって製品選定をサポートします。

Applicator へ

製品ラインアップの説明

ケーブル付プローブは特に、機械、ラボ機器、プラントで使用される空気、水、油などの気体または液体測定物の温度測定に最適です。
追加のサーモウェルなしで、プローブ被覆はプロセス測定物と直接接触します。これにより、ケーブル付プローブは急速な温度変化を迅速かつ正確に検知することが可能です。

  • Omnigrad T TST310 RTD温度計、ケーブル付プローブ ©Endress+Hauser

プロセスオートメーションにおいては、2つの温度測定原理が標準となっています。

RTD - 測温抵抗体:測定原理

RTDセンサは、温度の変化に応じて電気抵抗が変動します。本センサ素子は温度-200℃~約600℃の測定に適しており、高い測定精度と長期的な安定性が特長となっています。最も多く使用されるセンサ素子はPt100です。エンドレスハウザーのRTDセンサは標準仕様でIEC 60751精度クラスAに適合します。

TC - 熱電対:測定原理

熱電対は異なる2種類の異なる材質の金属の組み合わせで、片側の終端がお互いに接続されています。接続部と自由端がそれぞれ異なる温度にさらされると、ゼーベック効果により電位(熱起電力)が発生します。いわゆる熱電対参照表(IEC 60584を参照)を使用して、接続部(測定接合部)の温度を導き出すことができます。

熱電対素子は範囲が0℃~+1800℃の温度測定に適しています。短い応答時間と高い耐振動性が、その特長となっています。

利点

  • ユーザー固有の挿入深さと可変プロセス接続による高い柔軟性

  • 短い応答時間

  • 優れたコスト効率

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
東京都府中市日新町 5-70-3 183-0036 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com