キーワード、オーダーコード、製品コード、またはシリアル番号で検索してください(例:「CM442」や「技術仕様書」)
2 文字以上を入力して検索を開始してください。
石油精製所の筐体に収められたTDLASガス分析装置製品画像

TDLASとQF分析装置

ガス中の濃度測定に定評のある技術

TDLAS分析装置は、レーザー吸収分光法を用いて、プロセスガス中の分析物((H2O, H2S, CO2, NH3, C2H2) の濃度を確実に測定します。同様に、QF(Quenched Florescence)分析器は、ガス流中の酸素を微量からパーセントレベルまで測定します。これらの光学技術は、品質管理やプロセス管理のためのオンラインガス分析に革命をもたらし、同時に運用コストを削減し、プロセスの稼働率を最大化します。詳細については、以下の製品ラインナップをご覧ください。

クエンチされた蛍光: ガスアプリケーションにおけるO2 測定

天然ガス中の酸素を、当社のOXY5500分析計よりも優れて迅速に測定できるシステムはありません。より速く、より正確で、より安定していて、 H2S やその他の汚染物質の影響を受けず、メンテナンスもほとんど必要ありません。

TDLAS: 正確で信頼性の高いガス濃度分析

当社のTDLAS分析装置のポートフォリオは、天然ガスパイプライン、天然ガス処理、LNGプラント、製油所、石油化学プロセスにおいて、 H2O, H2S, CO2, NH3, C2H2 をオンラインでリアルタイムに測定することができます。この分野での当社の専門知識は、広範な特許ポートフォリオによって裏付けられています。

3つの製品画像:J22 TDLASパネルマウント、エンクロージャーボックス、J22ガスアナライザ ©Endress+Hauser

波長可変ダイオードレーザー吸収分光法(TDLAS)

プロセスガス中の分析対象分子の濃度を検出・測定することは、品質基準を満たし、汚染を防ぐために重要です。当社のTDLASは、プロセスガスサンプルと重要な分析装置のコンポーネントを非接触で測定することができます。非接触なので、分析装置を保護し、迅速な応答と長時間にわたる信頼性の高い測定を可能にし、再校正や恒常的なメンテナンスの必要性をなくします。

蛍光消光法(QF)

蛍光消光(QF)技術は、天然ガス中のO2レベルを測定する信頼性の高い方法です。一般的に微量 O2 測定に使用されるガルバニックセルとは異なり、QFは天然ガス中に存在する高レベルの H2S, CO2, H2O に実質的に影響を受けません。

利点

  • 干渉しない: H2S や他の硫黄化合物類の影響を受けない

  • リアルタイムに結果を出す: 高速かつ連続的な測定と優れた長期的安定性

  • 操作が簡単: 可動部がなく、操作が簡単

  • 低い運用コスト: 消耗品がない

  • 卓越した計測技術: 低いppmvを高精度に測定