エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

製品ツール

製品およびサービスに関するお問い合わせ

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ
あらゆる産業に対応可能なマルチポイント温度計

マルチポイント温度計

あらゆる産業に対応可能なマルチポイント温度計

マルチポイントユニットは、低圧から高圧のプロセス反応槽や貯蔵タンクのいくつかのアプリケーションに対応できる製品です。これらのアプリケーションでは、反応槽内のプロセスを制御するために温度プロファイルの測定と記録が行われます。可能な限り少ない侵入性で数多くの温度プローブを使用し、短い応答時間を実現することが課題となります。

マルチポイント温度計

製品ファインダは、製品特性による適切な測定デバイス、ソフトウェアまたはシステム製品の検索をサポートします、 Applicator(アプリケータ)は、アプリケーションパラメータによって製品選定をサポートします。

Applicator へ

材質選択、機械的構造、熱処理、構造技術については、製品の最適化のために最新技術が採用されています。

製品ラインアップの説明

エンドレスハウザーは、各種アプリケーションに対応可能なモジュール式の標準化された、またはカスタマイズされたマルチポイント温度計を提供しています。
マルチポイント温度計の当社製品ラインアップ:

  • 立体的な設計にフレキシブルに対応可能なセンサ(サーモウェル付/無し)– MultiSens Flex

  • リニアなプロファイルのセンサ((サーモウェル付/無し)– MultiSens Linear

  • 流れにに最も抵抗を与えないセンサ– MultiSens Slim

  • リニアにバンドルされたセンサ(コンジット内、ロープ)– MultiSens Bundle

これらのマルチポイント温度計は以下より選択可能:

  • 伝送器付き/なしのマルチポイント温度計

  • 診断チャンバ付き/なしのマルチポイント温度計

  • RTD抵抗センサまたはTC熱電対付きの温度計

  • あらゆる産業に対応可能なマルチポイント温度計 ©Endress+Hauser

プロセスオートメーションにおいては、2つの温度測定原理が標準として確立されています。

RTD - 測温抵抗体:測定原理

RTDセンサにより、温度の変化に応じて電気抵抗が変わります。温度-200℃~約600℃の測定に適しており、高い測定精度と長期的な安定性が特長となっています。最もよく利用されるセンサ素子はPt100です。エンドレスハウザーのRTDセンサはIEC 60751精度クラスAに適合しています。

TC - 熱電対:測定原理

熱電対は、種類の異なる2つの金属が一端で接続されています。接続部と自由端が異なる温度にさらされると、ゼーベック効果により開放端で電位(熱起電力)が生じます。いわゆる熱電対参照表(IEC 60584を参照)を使用して、接続部(測定接合部)の温度を導き出すことができます。

     

熱電対は範囲が0℃~+1800℃の温度測定に最適です。速い応答時間と高い耐振動性がその特長となっています。

利点

  • 計測システムは個々のアプリケーションに対応するように設計

  • 反応槽およびタンクの直線または3次元の温度プロファイル測定

  • 高いプロセス温度および圧力、腐食性測定物に対応可能な構造および材質選択

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
東京都府中市日新町 5-70-3 183-0036 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com