2 文字以上を入力して検索を開始してください。

殺菌および塩素用のセンサと変換器

塩素および臭素系消毒剤の信頼性の高い測定を実現する製品

体系的な消毒は水処理の重要な工程であり、人々やシステムを守るために多くの分野で法的に義務付けられています。しかし、大量の消毒剤は有毒になる可能性があります。当社の遊離塩素、二酸化塩素、全塩素、遊離臭素用各センサは、飲用水、プロセス水、再利用水、プール用水、または海水を監視して、規制に準拠した殺菌を保証します。下のボタンをクリックして、当社の殺菌センサおよび変換器がお客様のアプリケーションをどのようにサポートできるかご確認ください。

当社の臭素および塩素用の各センサと変換器の選定は、アプリケーションに応じて異なります。

遊離塩素は、取扱いが容易で強力な消毒効果があるため、水処理において最も重要な消毒剤となります。遊離塩素センサは、以下のアプリケーションで使用されます。

  • 飲用水 - 適切な殺菌を保証

  • 食品 - 衛生的な瓶詰めおよびパッケージングに対応

  • プール水 - 消毒剤を効率的に添加

二酸化塩素は腐食性が低く、pH値の影響を受けないため、消毒剤として選択されることが増えています。二酸化塩素センサは、以下のアプリケーションで使用されます。

  • 冷却システムまたは冷却塔

  • 飲用水

  • パック詰め野菜用の洗浄水

  • 淡水化プラントにおける逆浸透を妨げるClO2の抑制

全塩素は、排水に含まれる残留消毒剤の適切な指標となります。このセンサは下水処理場で使用されます。

  • 排水の殺菌状態の測定

  • 水の再利用の制御

遊離臭素は、この測定物の独特の化学的特性により、海水を利用するアプリケーションでよく使用されます。遊離臭素センサは、以下のアプリケーションで使用されます。

  • 海水の再利用およびプロセス水

  • 脱塩施設

  • 養魚 - 適切な廃水の殺菌を保証

  • pH値の高い冷却システム

  • 温泉・スパ施設

液体の塩素含有量は、隔膜式測定原理を使用して測定できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

隔膜式測定原理

二酸化塩素測定用のセンサには作用電極が装備されており、これは薄い隔膜によって測定物から分離されています。測定物内の二酸化塩素は、この隔膜を通って拡散され、作用電極で還元されます。この回路は、対極と電解液によって完結します。作用電極における電子の還元は、測定物内の二酸化塩素の濃度に比例します。このプロセスは、幅広いpHおよび温度範囲で機能します。

隔膜式塩素測定原理 ©Endress+Hauser

遊離塩素の測定も同様の原理です。この場合は、隔膜を通って次亜塩素酸が拡散されて、反応が生じます。測定物内の次亜塩素酸の濃度はpH値に依存します。この依存性は、流通ホルダ内のpH測定と変換器でのバランス調整によって補正されます。

遊離臭素の測定は、遊離塩素の測定と非常によく似ていますが、よりアルカリ性の高い範囲に対応します。

全塩素の測定では、次亜塩素酸と追加のクロラミンが複雑なシステム反応において重要な役割を果たします。

利点

  • 当社では、遊離塩素センサ、全塩素センサ、二酸化塩素センサ、遊離臭素センサ、それに対応する変換器とアクセサリなど、水の殺菌監視用の機器を幅広く取り揃えています。

  • エンドレスハウザーの塩素センサと変換器および臭素センサは、基本機能からマルチチャンネル、マルチパラメータ測定まで、あらゆる要件に応えることができます。

  • 当社の塩素センサと臭素センサは十分な柔軟性を提供できるよう、水路や水槽での使用、および流通ホルダへの設置のいずれにも対応できるように設計されています。

  • すぐに使用可能な当社の殺菌監視パネルをご検討ください。これにはセンサ、変換器、ホルダ、フィルタ、チェックバルブ、サンプリングタブなどが完備されており、完全かつコンパクトな測定点を提供します。