塩素センサ および 変換器

塩素、全塩素および二酸化塩素の信頼性の高い測定

遊離塩素、二酸化塩素、または全塩素(クロラミンを含む)は通常、飲料水や再利用水またはプール水の消毒監視および制御用に測定されます。そのため、当社のセンサは、水道事業、冷却塔、ボトル清掃施設などに適用され、法的規制に準拠したスムーズな水処理を実現しています。下記のボタンをクリックして、当社の塩素、二酸化塩素、および全塩素センサと変換器がお客様のアプリケーションにおいて、どのようなサポートができるかをご覧ください。

塩素センサの選定方法

エンドレスハウザーの塩素センサおよび変換器は、水処理、排水処理、電力や食品&飲料など、多くの産業のユーティリティに使用されています。センサの選択はアプリケーションによって異なります。

遊離塩素は、取り扱いが簡単で強力な消毒効果があるため、水処理で最も重要な消毒剤です。

遊離塩素センサ は、取り扱いが簡単で強力な消毒効果があるため、水処理で最も重要な消毒剤です。遊離塩素センサは、以下の用途に使用されます。

  • 飲料水 - 十分な殺菌・消毒

  • 食品 - 衛生的な瓶詰めと包装

  • プール水 - 消毒剤の効率的な投与

     

二酸化塩素は、腐食性が低く、pH値の影響を受けないため、消毒剤の選択肢になりつつあります。二酸化塩素センサ は、以下の用途に使用されます。

  • 冷却システムまたはタワー

  • 飲料水

  • 袋詰め野菜の洗浄水

  • 淡水化プラントにおける ClO 2 の逆浸透防止

全塩素 は、排水中の残留消毒剤を監視するための優れた指標です。全塩素センサ は、排水処理設備で使用されます。

  • 排水の消毒状態を測定

  • 水の再利用を制御

飲料水、再利用水およびプール水の消毒管理用の塩素センサおよび変換器 ©Endress+Hauser

遊離塩素、二酸化塩素、全塩素の測定

二酸化塩素測定用センサの特徴は、薄い膜によって媒体から分離された金属カソードにあります。媒体から出る二酸化塩素はこの膜を通って拡散し、金のカソードで還元されます。この回路は、銀アノードと電解質とによって完成されます。カソードでの電子還元は、媒体中の二酸化塩素の濃度に比例します。このプロセスは、pHおよび温度の広い範囲で機能します。
 

Amperometric chlorine measuring principle ©Endress+Hauser

遊離塩素の測定は多少異なります。次亜塩素酸は膜を通って拡散し、反応を起こします。媒体中の次亜塩素酸の存在は、pH値に依存します。この依存性は、流通ホルダ内のpH測定と変換器でのバランスによって補正されます。 全塩素の測定では、次亜塩素酸および付加的にクロラミンが、複雑な反応系において役割を果たす。

利点

  • エンドレスハウザーでは、遊離塩素センサ、全塩素センサ、二酸化塩素センサとそれらに適合する変換器およびアクセサリを提供しています。

  • 当社の塩素センサと変換器は、基本的な機能から多チャンネルおよび多パラメータ測定までのすべての要件を満たしています。

  • 高い柔軟性をご提供するために、当社の塩素プローブは、流路やタンクでの使用と、流通ホルダへの設置の両方を目的として設計されています。

  • エンドレスハウザーの塩素測定用パネルは、 センサ、変換器、ホルダー、フィルター、チェックバルブ、サンプリングタブなどを完全に装備しており、完全且つコンパクトな塩素測定ポイントを提供します。