栄養塩測定用アナライザ&センサ

アンモニア、硝酸塩、亜硝酸塩、リン酸塩、リンの高精度アナライザ

アナライザおよびセンサにより排水処理プラントの排出口を制御することで、法令遵守を確保し、排出料を最小限に抑えます。安全な飲料水、ミネラルウォーター、プロセス水の供給をサポートするために、廃水の生物処理における曝気制御と沈殿剤の投与を最適化し、脱窒プロセスを監視します。比色分析計、光学式センサ、イオン選択電極の詳細については、以下のボタンをクリックしてください。

栄養塩測定用アナライザおよびセンサの選択

栄養塩測定用アナライザおよびセンサは、水処理および排水処理において使用されます。選定はアプリケーションによって異なります。タイムリーで正確なプロセス制御を実現するためには、高速トレンド測定が必要な硝酸塩とアンモニア用のイオン選択性センサを選択してください。行政や環境基準により定められた限界値に準拠するための重要な管理点を高精度で分析する必要がある場合には、アンモニア、亜硝酸塩、リン酸塩、リン総量の比色分析計を選択してください。

液体中の栄養塩濃度は、比色測定原理を用いて測定することができます。本ビデオは、比色測定原理がどのようなもので、どのように機能するかについて詳しく説明しています。

比色分析計による栄養塩分析

分析する栄養塩を「着色する」ために、試薬を試料に加えます。次いで、栄養塩が特定の波長の光を吸収するという特性に基づいて、色の強度を測光的に測定します。吸光度は着色された栄養塩の濃度に比例し、予め設定された較正曲線を用いて決定されます。いくつかの栄養塩は、呈色反応を起こす正しい化学的形態ではないため、高温で消化試薬を添加することによって調製する必要があります。

Colorimetric nutrient measurement principle ©Endress+Hauser

光学式センサによる栄養塩分析

この測定方法は、硝酸イオンが約190〜230nmの範囲のUV光を吸収するという事実に基づいています。フラッシュランプの紫外線は、媒体を透過します。ビームは分割され、フィルター付きの2つのレシーバーに送られます。一方は測定波長、もう一方は基準波長での光強度を決定します。2つの測定値間の比は、測定結果として使用され、予め設定された較正曲線を使用して硝酸塩の濃度に変換されます。

Optical nitrate measurement principle ©Endress+Hauser

イオン選択性電極(ISE)による栄養塩分析

イオン選択電極の心臓部は、測定すべき特定イオンの選択的な膜です。透過性を増加させる分子がこの膜に収容されます。それらは、ISE電極内部へのイオンの選択的「移動」を促進します。この電荷の変化は、電気化学ポテンシャルを生成します。この電位は、一定の電位を有する基準電極に対して測定されます。これはイオン濃度に比例し、培地の色や濁度の影響を受けません。

Ion-selective nitrate and ammonium measurement principle ©Endress+Hauser

利点

  • エンドレスハウザーの栄養塩測定用アナライザおよびセンサは、迅速なインライン測定から規制準拠のオンライン分析までのすべての要件を満たしています。

  • エンドレスハウザーのアナライザは、ラボ測定に匹敵する標準的な比色測定方法を採用しています:
    - アンモニア試薬:インドフェノール青吸光度法
    - リン酸塩試薬:モリブデン青吸光度法またはバナジン酸モリブデン酸塩(黄色)法
    - 亜硝酸塩試薬:ナフチルアミン法

  • すべての試薬は、十分な貯蔵寿命を確保するために、すぐに調製できる状態で供給されます。これらの試薬には、必要な材料安全データシート(MSDS)が添付されています。

  • サンプル調整システムは、廃水処理のすべての段階で確実なサンプル調製を実現します。空気、水またはクリーナでの自動バックフラッシュ機能を備えています。

  • Liquiline System CA80 アナライザには、最大4つのMemosensセンサを追加することができるため、より詳細なプロセス概要を得ることができます。追加の測定デバイスは必要ありません。