キーワード、オーダーコード、製品コード、またはシリアル番号で検索してください(例:「CM442」や「技術仕様書」)
2 文字以上を入力して検索を開始してください。
ステンレス製バイオリアクタのin situモニタリング用プローブ

ラマン分光計

化学組成のロバストな光学測定

ラマン分光器は、重要なオペレーションの安全性と効率性を継続的に把握するために必要な、堅牢で正確な測定データを提供します。卓越した精度で化学成分分析を行うことができるラマン・アナライザは、ラボで必要とされるすべてのリアルタイムのin situ測定と、生産環境へのコスト効率のよい拡張性を提供します。製品検索ツールを使って、私たちの包括的なポートフォリオをご覧ください。

ラマン分光器の選び方

ライフサイエンス、食品・飲料、化学、石油・ガスの各業界で使用されている当社のラマン分析装置およびプローブは、固体、液体、気体、および濁った媒体に最適化されており、ラボやプロセス環境で高いパフォーマンスを発揮します。また、アプリケーションやプラント環境に合わせてラマンサンプリングポイントを設定できるため、あらゆる設置環境で信頼性の高い化学分析が可能です。

Raman Rxn 製品ポートフォリオ

Raman Rxn アナライザ

  • 最大4チャンネルの測定が可能

  • 532nm、785nm、1000nmのいずれかの波長

  • 直感的なタッチスクリーンまたはウェブインターフェイスを備えたユーザーフレンドリな組み込みソフトウェア

  • 研究開発/ラボから製造環境へのメソッドの移行が容易であること

  • 防爆認証 : CSA, ATEX, & IECEx

Raman Rxn プローブと光学系

  • インライン、オンライン、アットラインなど、フレキシブルな測定機能

  • 高品質で耐食性のある接点材料

  • ノータッチ&リモート測定

  • 非侵襲的な非破壊サンプリング

Raman プローブ ©Endress+Hauser

Raman Rxn プローブ

ラマン技術の説明

ラマン技術は、特定の波長のレーザー光が分子と相互作用して散乱を起こすことを利用しています。少量のレーザー光がエネルギー移動によりシフトします(ラマンシフト)。後方散乱された光子は、ラマン光の分離によって収集され、フィルタリングされます。CCD検出器は、化学成分のユニークな「指紋」を識別し、それぞれの量を定量化するので、正確な組成分析のための優れた技術となります。

ラマンシステムの構成要素

ラマンシステムは、アナライザ、プローブ、ソフトウェア、データ解析の4つの要素で構成されています。

ラマンアナライザはシステムの「心臓」であり、レーザー、分光エンジン、内蔵コントローラが搭載されています。プローブは、プロセスの「目」または「窓」です。ソフトウェアはシステムの「頭脳」であり、データ生成を制御します。生データは、データ解析コンポーネントによって意味のある情報に「翻訳」されます。これら4つのコンポーネントが一体となって、完全なラマンシステムを構成しています。

利点

  • 組み込み型の制御ソフトウェア: 24時間365日の接続が可能なため、インライン、オンライン、アットラインでの測定をシームレスに行うことができます。

  • ラボとプロセスのスケーラビリティ: ラボで行っていた化学分析を生産環境に持ち込むことで、製品の品質を確保するためのプロセスインサイトと効率化を実現します。

  • 多種多様なアプリケーションに対応するサンプリングソリューション: 化学、ポリマー、石油・ガス、食品・飲料、医薬品、バイオプロセス(細胞培養、発酵、ダウンストリームアプリケーション)のin situモニタリングなど、長期にわたる測定の安定性を実現します。

  • あらゆるメディアに対応する製品サンプリング: 専用の光ファイバ・サンプリング・プローブにより、あらゆる設置環境で固体、液体、気体の化学分析が可能です。

  • 堅牢なコンプライアンスと管理システム: ISO:9001:2015に登録され、ISO14001:2015、ANSI Z10-2012の認証を取得している唯一のプロセスラマン企業と協力することで、cGMPへのシームレスな移行を実現します。