曝気排水処理の最適化

曝気制御のオンライン測定によりエネルギーコストを最大30%削減

排水処理施設の事業者は非常に大きな課題に直面しています。課題の1つは、法律の厳格化が進むなかで排水処理コストに注目しなければならないことです。コストを押し上げる主な要因となるのは、エネルギー消費です。曝気には排水処理施設の総エネルギー需要の約60%が使用されます。多くの排水処理施設が、酸素と栄養分のオンライン測定を行うことにより、排出制限の大幅な改善と最大30%のエネルギー削減をすでに実現しています。

エンドレスハウザーの提供するサービス

生物学的プロセスを高い信頼性のもとで行うには、周囲環境をバクテリアの増殖に最適なものにすることが欠かせません。パラメータとして重要なものは、酸素、pH、温度のほか、タンク槽内のバクテリア濃度を示す浮遊固体です。酸素、アンモニウム、窒素に基づく細菌学的プロセスのモニタリングを高度なレベルで行うことで、厳しい法的規制に従うと同時にエネルギー消費を最適化することができます。

  • 曝気プロセス制御によりエネルギーおよび化学薬品の消費量を削減

  • 硝化プロセス制御の改善によりアンモニウムの使用が減少

  • 高精度の酸素測定によりブロワのエネルギー消費を最適化

排水処理および曝気プロセスについて、こちらをご覧ください。

排水処理プロセス ©Endress+Hauser
生物学的処理 ©Endress+Hauser

アプリケーション

生物学的プロセス

信頼性の高い生物学的プロセス

最新式の排水処理施設を高い信頼性のもとで効率よく管理するには、オートメーションが不可欠です。曝気プロセスにおける、必要なすべての分析測定点の複雑さを解消するために、エンドレスハウザーのソリューションが役立ちます。これには、同じまたは異なるパラメータの測定点を最大8つまで管理できるマルチチャンネル変換器が含まれます。統合および操作はオープン通信インタフェースでサポートされており、設定、校正、メンテナンスが容易です。

曝気制御アプリケーションに最適なアンモニアセンサ

アンモニウム削減

窒素を除去するための第1段階は硝化と呼ばれます。アンモニウムの減少過程を高精度に監視できます。プロセス外乱が早期に見つかれば、オペレータは迅速に対応することができます。アンモニウム測定機器の一般的な要件は、センサが信頼性に優れていて再現性が高く、メンテナンスの頻度が低くてすみ、消耗品が少ないことに加えて、機器の操作が容易であることです。また、消耗品コストが減少するので、ライフサイクルコストを最適化できます。

Liquiline排水処理施設のステーション

酸素 – プロセスの基礎

酸素供給は測定された酸素濃度と酸素設定値の比較により制御できます。酸素測定機器の一般的な要件は、測定結果が正確で信頼できることや、メンテナンスの頻度が低くてすむこと、応答時間が短いこと、気泡の影響を受けないことです。エンドレスハウザーの光学式センサや隔膜式センサはフレキシビリティに優れており、お客様それぞれのニーズに対応します。

当社製品ラインアップをご確認ください

当社製品ラインアップをご確認ください

利点

エンドレスハウザーは測定原理や製品ラインアップに関してあらゆる種類の計装を提供します。最先端のデジタル技術との組み合わせにより、複雑な処理プロセスにおいても高い信頼性と精度で監視することが可能であり、効率向上とコスト削減が実現します。そして、エンドレスハウザーのサービス技術者は、トレーサビリティが確保された認定校正やプラントの全ライフサイクルにわたる現場監査などの包括的なサービスにより、お客様をサポートすることができます。

  • 30%

    エネルギーコスト削減のために、エンドレスハウザーの曝気制御ソリューションが役立ちます。

  • 7000件以上

    特許取得および特許出願

  • 1000万台

    全世界で導入実績