2 文字以上を入力して検索を開始してください。

産業廃水処理

優れたコスト効率で適合性を確保するために、産業廃水処理を最適化します。

廃水は多様な産業プロセスの副産物であることから、産業廃水処理は、多くのプラント事業者にとって避けられない課題です。補助的な生産能力に廃水を再利用すると、効率が向上します。これができない場合は、下水道または自然界への排出が唯一の選択肢になります。しかし、人間と環境の安全性に関する厳しい規制により、廃水の排水処理は費用がかかり、複雑な作業となっています。エンドレスハウザーの産業廃水処理製品ラインナップにより、最適なプロセスが保証されます。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

監視および分析機器の幅広い製品ラインナップを提供するエンドレスハウザーは、お客様が産業廃水をより効率的に、適合性を強化して処理することを可能にし、以下のプロセスの最適化を実現します。

  • 廃水の再利用

  • 嫌気性消化

  • 生物学的処理

  • 汚泥の廃棄

アプリケーション

廃水の再利用

廃水の再利用またはリサイクルには、取水量を削減し、廃水排出コストを最小限に抑えるという二重の利点があります。ただし、廃水を産業用水として安全にリサイクルするには、今後の用途に応じて処理する必要があり、これには浮選、沈殿、ろ過などのプロセスが含まれます。

廃水の再利用
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーの製品ラインナップにより、廃水フィルターの損傷を防ぐために極めて重要な流入口圧力、品質、流量の正確な監視と制御が可能になります。

嫌気性消化

たとえば、パルプおよび製紙産業では、高い化学的酸素要求量(COD)を用いた効率の高い廃水前処理プロセスが行われ、嫌気性消化によって有機負荷の一部がバイオガスに変換されます。嫌気性消化を効果的に管理するには、プロセス全体で多数のパラメータを正確に監視する必要があります。

嫌気性消化
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーは、以下を含め、嫌気性消化のプロセス全体の制御と最適化を実現するために、あらゆる種類の監視技術を提供します。

生物学的処理

多くの場合、嫌気性消化に続いて、食品産業などから出る有機負荷の高い廃水は、有機含有量を減らすために生物学的に処理されます。生物学的作用を可能にする適切な条件を確保することが、生物学的処理アプローチの主な課題であり、アンモニア、硝酸塩、酸素量などのパラメータを正確に監視することが重要です。

生物学的処理
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーは、生物学的処理における多数のパラメータの正確な監視を可能にする、非常に適応性の高いアナライザーとセンサを幅広く提供しています。

汚泥処理 

コストがかかり複雑な汚泥の処理には、濃縮または脱水などのプロセスが含まれ、その両方の効率は、添加剤や調整剤の最適な使用量を確保するための、流量、浮遊懸濁物(SS)、密度などのパラメータの正確な監視に依存します。

汚泥処理
この分野の当社の専門知識

あらゆる重要なパラメータを測定するための高性能流量計を提供するエンドレスハウザーの製品ラインナップにより、汚泥廃棄過程における化学薬品の添加を最適化することが可能です。

産業廃水処理の詳細をご覧ください

産業廃水処理 ©Endress+Hauser
膜ろ過 ©Endress+Hauser
生物学的廃水処理 ©Endress+Hauser
汚泥脱水 ©Endress+Hauser
汚泥消化 ©Endress+Hauser

利点

水処理および廃水処理産業においてお客様と協力して得た60年間以上の経験を元に、エンドレスハウザーはお客様の課題を解決する測定技術、自動化ソリューション、サービスの幅広い製品ラインナップを開発してきました。エンドレスハウザーは、環境法に準拠した廃水品質を保証しつつコストを最適化するという、この産業特異の課題を理解しています。


  • 30%

    曝気の制御精度を向上し、曝気にかかるエネルギーコストを30%節約

  • 20%

    汚泥処理用の化学調整剤にかかるコストを20%節約可能

  • 250,000

    世界で250,000台以上の導入実績のある水質分析デジタルセンサ

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

その他の産業