産業廃水処理

環境法規を順守し、産業廃水処理のコスト効率を最適化

水はさまざまな産業プロセスで使用されるため、産業廃水が発生します。廃水は下水や水の自然水域に放流する前に処理する必要があり、これは企業にとって難しい課題となっています。下水へ安全に放流するため、事業者は従業員と廃水プラントのいずれにも、放流によって害が及ぶことのないように注意する必要があります。廃水を環境に放流する場合には、法規を順守するため処理をさらに徹底しなければなりません。

エンドレスハウザーの提供するサービス

産業廃水処理を最適化する一つの明瞭な方法は、廃水を他のプロセスに再利用することです。水が再利用できなくなったら、使用するエネルギーと化学製品を最適化した曝気や沈殿などの各種処理プロセスがあります。もう一つのテーマは汚泥処理です。廃棄コストを最小にするため汚泥量を削減するか、消化槽でバイオガスを発生させることが必要です。

  • 廃水の再利用

  • 生物学的処理

  • 汚泥処理 

  • 嫌気性プロセス

産業廃水処理の詳細をご覧ください

産業廃水処理 ©Endress+Hauser
膜ろ過 ©Endress+Hauser
生物学的廃水処理 ©Endress+Hauser
汚泥脱水 ©Endress+Hauser
汚泥消化 ©Endress+Hauser

産業廃水処理プロセス

膜ろ過

廃水の再利用

廃水の再利用やリサイクルには、取水量の低下および廃水放流コストの最小化という2つの利点があります。廃水を工業用水として安全に再利用するには、次工程の用途に応じて処理する必要があります。これには浮選、沈殿、ろ過などのさまざまなプロセスがあります。ろ過膜の損傷を防止するには、流入水の品質と流量、および圧力が最も重要なパラメータです。

曝気制御

生物学的処理

生物学的廃水処理は高有機負荷の廃水に特に適しています。アンモニア、硝酸、酸素の含有量などのさまざまなパラメータが生物学的処理にとって重要です。エンドレスハウザーでは、比色法、光学式、隔膜式などの異なる測定原理と技術に基づく幅広いアナライザやセンサをご用意しています。弊社は、曝気にかかる手間を最大30%削減する自動化ソリューションも提供しております。

汚泥処理

汚泥処理 

汚泥廃棄のコストを最小化するには、汚泥量を濃縮や脱水によって減少します。これらのプロセスの効率は汚泥沈殿特性に左右されます。多くの場合は汚泥調整剤(ポリマー、石灰乳)を添加します。流量比例添加量制御が、薬品消費量を最適化するための最初のステップです。より高度な手段としては、浮遊懸濁物(SS)または濃度測定に基づいて汚泥内の浮遊懸濁物(SS)を測定し、それに応じて薬品使用量を調整します。

汚泥消化

嫌気性消化

嫌気性消化は食品産業やパルプ・紙製品産業で一般的な、高COD廃水の効率的な前処理プロセスです。有機負荷の主要部分はバイオガスに変換されます。放流水は次に、上記の説明どおり、放流前に生物学的処理を行う必要があります。プロセスを正確に監視し最適化するためには、流入口の負荷、レベル、温度、pH/ORPおよびバイオガス生産の測定などの基本的なプロセス制御が必要です。

当社製品ラインアップをご確認ください

利点

水処理および廃水処理産業においてお客様と協力して得た60年間以上の経験を元に、エンドレスハウザーはお客様の課題を解決する測定技術、自動化ソリューション、サービスの幅広い製品ラインアップを開発してしてきました。エンドレスハウザーは、環境法に準拠した廃水品質を保証しつつコストを最適化するという、この産業特異の課題を理解しています。


  • 30%

    曝気の制御精度を向上し、曝気にかかるエネルギーコストを30%節約

  • 20%

    汚泥処理用の化学調整剤にかかるコストを20%節約可能

  • 250,000台

    世界で250,000台以上の導入実績のある水質分析デジタルセンサ