スマートエネルギーソリューションの結合と統合

エネルギーコストをリンクさせることでコスト割当てを単純化

エネルギーコストが工業生産の総コストに占める割合は増加しています。このため、エネルギーアプリケーションの数やエネルギー関連の測定およびデータも増加の一途をたどっています。それと同時にシステムの範疇は、異種コンポーネントの混在がますます進み、消費データをコストとの関連で設定するためには、より上位のシステムにエネルギーデータを統合することが必要となっています。エンドレスハウザーのスマートスケールエネルギーソリューションは、データの結合と統合をお手伝いします。

データの透明性を実現

エンドレスハウザーは、システム統合プロセスのあらゆる要件を満たすように設計、作成したソフトウェアコンポーネントを提供しています。このコンポーネントは、高レベルの安定性、柔軟性、透明性を保証します。

エネルギーデータを統合する必要性

エネルギーコストを企業コストに割り当てるには、関連データをERPシステムまたは生産システムにリンクさせる必要があります。この作業は次のことを実現するために重要です。有効な予防管理による、損失の防止/ 操業効率の向上。可視化されたエネルギー使用量データを複数のシステム/ 現場にわたって提供することによるコスト削減。需要に基づくポートフォリオの最適化/ 持続可能な調達。規制/ 各種監査に対する、透明/ 効果的な持続可能性レポートの提供。

既存のシステム環境との相互運用

ビジネスITの世界では、データリンクの実現にはミドルウェアアプリケーションを使用することが一般的です。SAPのようなERPシステムや生産システムの場合は、特にそうなります。エンドレスハウザーのミドルウェアは、それ自体を既存のシステム環境にシームレスに統合し、様々なエネルギー関連アプリケーションと通信します。他システムとの通信に使用できるコンポーネントは100種類を超えていますが、このミドルウェアは、Webサービス、FTP、ファイル転送、SQL、eメール、LDAP、JMS、SAP RFCをはじめとする多くの主要な通信標準をサポートしています。

©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser

ダウンロード