製薬産業におけるデータ分析

重要データの分析からプラントに関するリアルタイムな洞察を得ることで正しい決定を行う

製薬業界の主な課題の一つに、専門医薬品と手頃な価格の医薬品の管理があります。生産プロセスの柔軟性と効率性を維持する必要がある一方で、市場投入期間短縮の必要性とコスト削減の圧力は高まっています。最新の動向についていくためには、イノベーションと継続的な改良への注力が重要です。品質のみを重視した生産方法から、生産性、信頼性、イノベーション重視の方法に移行するには、プロセスデータの活用が不可欠です。

お客様の選択肢

継続的に得られる意思決定要素により、プラントの状態をリアルタイムで把握しましょう。優れたソリューションがプロセス運用の安全性とコストパフォーマンスを最適化します。実用的なプロセス情報を収集するためのさらなる一歩を踏み出しましょう。

  • 機器ステータスデータの水平統合

  • プロセス開発、製造開発、および品質研究室で同一の測定技術を使用

  • 校正間隔の最適化

  • 校正を容易にするデジタル技術

  • 重要な製造データの特定、分析、最適化

予測的プロセス情報の取得方法をご紹介します

バイオプロセス概要 ©Endress+Hauser

バイオプロセス概要

Heartbeat診断の統合 ©Endress+Hauser

Heartbeat診断の統合

Heartbeatモニタリングの統合 ©Endress+Hauser

Heartbeatモニタリングの統合

Memobase+の統合 ©Endress+Hauser

Memobase+の統合

アプリケーション

データ整合性

実験室からプロセスまでのデータ整合性を維持

品質保証の重要性が高まっています。一貫した技術が、リリースプロセスに不可欠な信頼性の高いデータの取得をサポートします。誤解や品質欠陥のリスクを軽減するには、実験室と製造プロセスで同一の測定技術を使用する必要があります。デジタル技術により、実験室での試験における測定の信頼性が向上し、一貫性をもったスケールアップが可能です。

データに基づいた校正の最適化

信頼性の向上と校正間隔の延長

製品品質、製造効率およびコストは、医薬品製造における重要な要素です。監視機能と検証機能を備えた革新的な計測器診断機能は、信頼性を大幅に高め、リスクを低減します。製造ラインを稼動させる前に作業員が行う計測機器の検証は、迅速かつ容易に実施できる必要があり、現在のステータスを確認して検証レポートを作成できなければなりません。考慮すべき次のステップは校正間隔の延長です。校正間隔を延ばすことで、労力とコストを削減できます。

アセット情報管理

リアルタイムステータス情報による品質の安定

センサの故障が検出されないと、規格への不適合や品質低下などの問題が発生するおそれがあります。設置された計測機器は、リアルタイムのステータス情報を中央システムに送り続けます。データに基づいて継続的に最適化を行うことで、プロセスの信頼性や診断の透明性が向上し、校正間隔を延ばすことができます。安定した品質と信頼性の高いプロセスを同時に実現することが可能です。

バイオプロセスにおけるph測定

データに基づいたpH測定の最適化

pH測定は、プロセス産業で最も一般的に使用される分析測定であり、最適化の余地が大いにあります。開発から製造に至るすべての段階で活性剤を使用するpH測定は、複数のプロセス段階で使用されます。センサは測定の信頼性と精度に影響を及ぼします。データはセンサヘッドに直接格納でき、データベースと同期できます。データ履歴を分析することで、校正作業を最適化できます。

当社製品ラインアップをご確認ください

利点

データに基づいた最適化により、時間とコストを節約しましょう。プロセスに関する貴重な情報が、適切な決定の材料となります。エンドレスハウザーと共に、お客様のプロセスに最適なIIoTソリューションを見出しましょう。

  • 1分

    検証レポートをオンデマンドで1分で生成

  • 70 %

    Heartbeat Technologyにより、10年間運転中の校正コストを削減

  • 0.5lから20cbmまで

    実験室からプロセスまで、あらゆる規模で最大収率を実現