製薬産業におけるデータ分析

重要データを分析してリアルタイムでプラントの有用情報を得ることで適切な判断が可能

製薬業界の主な課題の一つに、専門医薬品と手頃な価格の医薬品の管理があります。生産プロセスの柔軟性と効率性を維持する必要がある一方で、市場投入期間短縮の必要性とコスト削減の圧力は高まっています。最新の動向についていくためには、イノベーションと継続的な改良への注力が重要です。品質のみを重視した生産方法から、生産性、信頼性、イノベーション重視の方法に移行するには、プロセスデータの活用が不可欠です。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

継続的に得られる意思決定要素により、プラントの状態をリアルタイムで把握しましょう。安全で経済的なプロセス最適化のための効果的なソリューションを提供することにより、オペレータを支援します。さらに一歩先へ進んで、実際のプロセス情報を収集してください。

  • 機器ステータスデータの水平統合

  • 重要な製造データの特定、分析、最適化

  • プロセス開発、製造プロセス、および品質ラボで同じ測定技術を使用

  • 校正間隔の最適化

  • デジタル技術により、校正作業が容易

アプリケーション

ラボからプロセスまでのデータ整合性を維持

品質保証の重要性が高まっています。誤解や品質欠陥のリスクを軽減するには、ラボと製造プロセスで同一の測定技術を使用する必要があります。

一貫した分析技術を使用して、ラボからプロセスまでのデータ整合性を実現
この分野の当社の専門知識

パイロットプラントからフル生産まで、一貫したテクノロジーによりプロセスのスケールアップおよび最適化が容易になります。スケールアップ時に一貫したテクノロジーを使用すると、信頼性の高い有効なデータがすべてのスケールで提供されるため、プロセスのリリースをスピードアップできます。当社のデジタル技術により、ラボ試験中の測定の信頼性が向上し、一貫性をもったスケールアップが可能です。

  • 液体分析用のMemosensテクノロジーは、データチップが内蔵されたインテリジェントなデジタルセンサに基づいています。センサヘッド内の生データをデジタル化することにより、外部要因に関係なく、信頼性の高いデータ転送が保証されます。

  • Memobase Plusソフトウェアは、Memosensセンサの全寿命にわたる記録が可能です。測定データを保存してエクスポートできるため、プロセスと同一のセンサをラボで使用してプロセスと同じ測定を行うことが可能であり、スケールアップがスムーズになります。

信頼性の向上と校正間隔の延長

製品品質、製造効率およびコストは、医薬品製造における重要な要素です。監視機能と検証機能を備えた革新的な機器診断機能により、信頼性の大幅な向上とリスク低減が実現します。

データに基づいた校正の最適化
この分野の当社の専門知識

Heartbeat Technologyを使用すると、各生産工程の前に重要な計測機器の状態を迅速かつ容易に検証して、検証レポートを作成することが可能です。検証は、プロセスを中断することなく測定点で直接行われるため、検証作業の負担が大幅に軽減されます。さらに、このアプローチにより校正間隔を延長することが可能です。

  • Proline Promass P 100を使用すると、Heartbeat Technologyにより校正の作業負担が軽減され、最高の信頼性が保証されます。デジタル信号伝送により、拡張機器やプロセスデータへのアクセスが容易になります。

リアルタイムステータス情報による品質の安定

センサの故障が検出されないと、規格への不適合や品質低下、医薬品不足などの問題が発生するおそれがあります。

ライフサイエンス、医薬品製造、アセットマネジメント
この分野の当社の専門知識

Heartbeat Technologyを搭載した当社の機器は、恒久的にリアルタイムで診断情報を提供し、規格への不適合のリスクを低減します。デジタルデータを使用することで、プロセスの信頼性、診断の透明性、校正間隔を継続的に最適化することが可能です。

データに基づいたpH測定の最適化

pH測定は、プロセス産業で最も一般的に使用される分析測定であり、最適化の余地が大いにあります。開発から製造に至るすべての段階で有効なpH測定は、複数のプロセス段階で使用されます。そのため、ラボから大規模製造まで、一貫した信頼できるpH測定が重要です。

バイオプロセスにおけるデータに基づいたpH測定の最適化
この分野の当社の専門知識

当社のすべてのpHプローブは、プロセス条件や滅菌サイクルに耐えるように特別に設計され、最適化されています。当社のpH技術を使用してデータをセンサヘッドに直接保存し、データベースと同期することが可能です。あらゆるスケールのpHループで同じデジタル技術が使用されるため、最大の信頼性が得られます。データ履歴を分析することで、校正作業の最適化が実現し、ラボに高度な校正コンセプトを導入することが可能です。

  • デジタルpHセンサMemosens CPS171Dは、特にバイオリアクタ用に開発されました。CIP/SIPおよびオートクレーブ処理後でも信頼性の高い値を提供します。Memosensデジタル技術により、センサは最大のデータ整合性を提供し、ラボでの校正を可能にします。

  • マルチチャンネル変換器Liquiline CM44Pは、プロセスフォトメータとMemosensセンサが組み合わされた初めての変換器です。この変換器によりシームレスなシステム統合が実現し、時間とコストが節減されます。

予測的プロセス情報の取得方法をご紹介します

バイオプロセス概要 ©Endress+Hauser

バイオプロセス概要

Heartbeat診断の統合 ©Endress+Hauser

Heartbeat診断の統合

Heartbeatモニタリングの統合 ©Endress+Hauser

Heartbeatモニタリングの統合

Memobase plusの統合 ©Endress+Hauser

Memobase Plusの統合

利点

データに基づいた最適化により、時間とコストを節減します。プロセスに関する貴重な情報が、適切な決定の材料となります。お客様のプロセスに最適なIIoTソリューションを見つけるために、エンドレスハウザーがお手伝いします。

  • 1分

    検証レポートをオンデマンドで1分で生成

  • 70 %

    Heartbeat Technologyにより、10年間運転中の校正コストを削減

  • 0.5lから20cbmまで

    ラボからプロセスまで、あらゆる規模で最大収率を実現

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

当社製品ラインアップをご確認ください