2 文字以上を入力して検索を開始してください。

医薬産業におけるコスト削減

品質を保証しつつ、コスト削減に役立つ革新的な技術とメンテナンスコンセプト

ライフサイエンス産業は、常に新しい課題に直面しています。幅広い層の人々に手頃な価格で薬を届ける必要があります。高い生産性や信頼性を得るには高額な研究開発費が必要になる一方、製薬会社は常に高い品質をより効率的なコストで提供しなければなりません。採算性を維持するには、グローバルなレベルでの製造とコスト意識が重要です。こうした中、革新的なソリューションがますます要求されるようになっています。当社からお客様に、いくつか提案があります。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

当社の業界エキスパートは、医薬品の製造コストを削減しつつオペレーショナル・エクセレンスを向上させる方法について、さまざまなアイデアを持っています。当社の革新的な測定技術およびメンテナンスコンセプトを採用することにより、校正の手間や費用を大幅に削減することが可能です。コストを抑制するには、次のことを検討する必要があります。

  • 校正の最適化または自己校正機能付き温度測定機器の設置

  • 設置されているアセットを標準化し、在庫の最適化、スペアパーツの可用性向上を実現

  • 診断データを統合、評価して、機器機能を検証

  • 水の生成および配水ループの最適化

アプリケーション

革新的な温度測定の導入

温度はバイオプロセスにおける主要な測定点の1つであり、細胞動態および溶存ガスの溶解性の両方に大きな影響を与えます。反応速度、細胞増殖、細胞生存性、生産物生成は温度による影響を受けます。そのため、プロセス要件や精度要件を満たすためには、精密な温度制御と頻繁な校正が必要になります。

温度測定、自己校正機能、TrustSens
この分野の当社の専門知識

最適生産量と品質を保証するためには、温度機器を定期的に校正する必要があります。重要なアプリケーションの場合は、一般的に6カ月間隔となります。革新的な測定技術を採用することにより、校正の手間や費用を大幅に削減することが可能です。こうした理由から、当社では世界初の自己校正機能付き温度センサTrustSens TM371を開発しました。この革新的な機器は、完全に自動化されたトレーサブルなインライン自己校正機能を提供し、規格への不適合や未検出の故障を排除するために役立ちます。

設置されている資産を標準化

機器の統一された操作と迅速な交換。これは、簡単そうですが、そうではありません。プラントに設置されている多くのアセットの完全な透明性を長期にわたって取得して維持することは、メンテナンスの手間を大幅に増加させることから、常に課題になっています。

インストールベース分析、プラント可用性
この分野の当社の専門知識

設置されているアセットの分析は、メンテナンスとプラントの可用性を最適化するための最初のステップとなります。このプロセスの最中に当社のエキスパートが、陳腐化した、あるいは旧式の機器を特定して、それを容易に交換することが可能です。アセットを標準化することで、スペアパーツのロジスティクスが大幅に改善されるだけでなく、標準化された環境によりトレーニングの負担も改善され、合理化されます。

機器機能の検証

メンテナンスと校正は多くの場合、時間とコストのかかる煩わしい作業と見なされます。しかし、プロセスの信頼性と製品の品質を守るためには、メンテナンスと校正の両方が重要です。

Heartbeat Technologyを使用した機器の検証により全体テスト範囲に対応
この分野の当社の専門知識

Heartbeat Technologyを搭載した機器は、テストサイクルの大幅な延長を可能にし、コスト効率の高いメンテナンスを実現するために標準化された診断通知を提供します。このテクノロジーは、日々の作業中に測定点のシンプルで容易なモニタリングを実現します。エラーが早期に認識され、ダウンタイムは最小限に抑えられます。機器検証により、すべての重要なコンポーネントが規定された仕様の範囲内で正常に作動しているか確認されます。

水の生成および配水の最適化

バイオバーデンを防止するために、水は2 m/秒以上の流速で継続的に流れていなければなりません。そのため、流量測定は非常に重要であり、重要な測定点を定期的に校正する必要があります。精製水および注射用水に関して、主なパラメータとなるのは品質です。常に薬局方で定義されたリミット値の範囲内でなければなりません。

バイオプロセスの生産性、オペレーショナル・エクセレンス、ライフサイエンス、水質、水精製
この分野の当社の専門知識

Heartbeat Technologyを搭載した当社の機器は、信頼性の高い自己監視機能を提供し、特に連続プロセスにおける校正手順の最適化に役立ちます。これは、プラント可用性と生産性の向上に直接つながります。精製水(PW)および注射用水(WFI)では、温度補正されていない低範囲の導電率測定が基本的要件となります。法規制を確実に遵守するためには、配水ループにおけるシステム校正が効率的な方法となります。水の生成を最適化するために、エンドレスハウザーは以下を提供します。

医薬品製造のコストを抑制する方法をご紹介します。

バイオプロセスの概要 ©Endress+Hauser

バイオプロセスの概要 >>> Applicatorへ

発酵プロセス ©Endress+Hauser

発酵プロセス >>> Applicatorへ

水精製および配水プロセス ©Endress+Hauser

水精製および配水プロセス(概要) >>> Applicatorへ

水精製プロセスPW ©Endress+Hauser

水精製プロセス(WFI) >>> Applicatorへ

配水プロセス ©Endress+Hauser

配水プロセス >>> Applicatorへ

利点

弊社のスペシャリストと協力して今後の課題を克服してください。ライフサイエンスにおけるコスト管理を実現する方法について何千ものアイデアを有する弊社のスペシャリストが、お客様の目標達成とオペレーショナル・エクセレンスの実現をお手伝いします。

  • 10%

    予防メンテナンスコンセプトによる10%のコスト削減

  • 60%

    校正のためのSOPが60%減少

  • 94%

    Heartbeat Technologyにより94%の総合テストカバレッジ

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

その他の産業