デジタル導電率センサ
Indumax CLS50D

デジタル電磁式導電率センサ Indumax CLS50D ©Endress+Hauser
デジタル電磁式導電率センサ Indumax CLS50D ©Endress+Hauser
デジタル電磁式導電率センサ Indumax CLS50D ©Endress+Hauser

液体の導電率は、電極式または電磁式の測定原理を使用して測定できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

化学アプリケーションに適したMemosens技術搭載の電磁式導電率センサ

Indumax CLS50Dは標準/防爆/高温アプリケーション用のデジタル電磁式導電率センサです。堅牢な材質(PFA、PEEK)を使用することで高い化学的耐久性を実現しています。さらに、汚染のリスクが低く、刺激性の強い測定物においても高い信頼性と繰返性を提供します。CLS50DはMemosensデジタル技術により、プロセスとデータの整合性を最大限に高めるとともに、操作も容易です。腐食および湿気に対して高い耐性を備え、メンテナンス予測を容易にします。

  • 利点

    • 過酷な条件下においても高い化学的耐久性を実現

    • 耐付着性を備えた材質と大きなセンサ開口部により汚れを防止

    • 広い温度範囲と堅牢な材質によりあらゆるアプリケーションに対応

    • アクティブな接続監視による信頼性の高い測定値

    • 長距離でも測定精度に影響せず容易に配線が可能

    • センサ固有データをセンサ内部に記録しているためトレーサビリティを容易に実現

    • 防爆認定 

  • アプリケーション

    Indumax CLS50Dは以下のようなアプリケーションにおいて使用される電磁式導電率センサです。

    • 化学産業:
      - 酸、アルカリの濃度測定
      - タンクや配管内の化学製品の品質監視

    • 食品および飲料産業:
      - 配管内の製品/水および製品/製品混合物の相分離

    • 医薬・製薬産業:
      - 配管内の製品/水および製品/製品混合物の相分離

    • 廃水処理産業:
      - 流入口モニタリング

    ATEX、FM、CSA、NEPSIなどの国際防爆認証を取得する本センサは、危険場所での使用に適しています。

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    電磁式

  • アプリケーション

    化学産業、プロセス

  • 特性

    標準、防爆、高温アプリケーション用のアナログまたはデジタル電磁式導電率センサ

  • 測定範囲

    2 S/cm~2000 mS/cm

  • 測定原理

    電磁式導電率測定

  • 構造

    耐性の高い材質を使用したセンサコーティングにより、測定物との直接接触なし

  • 材質

    PEEK または PFA

  • 外形寸法

    電極:
    外径:47.5 mm(1.87 inch)
    内径:15 mm(0.59 inch)
    内径(PEEKバージョン):15.5 mm(0.61 inch)

  • プロセス温度

    PEEK:最高125 °C(最高260 °F)
    PFA:最高110 °C(最高230 °F)

  • プロセス圧力

    PEEK:最大2.1 MPa(304.5 psi)
    PFA:最大1.7 MPa(246.5 psi)

  • 温度センサ

    内蔵 Pt1000

  • 防爆規格適合証明書

    ATEX, IECEx, NEPSI, FM, CSA, TIIS, EAC

  • 接続

    プロセス接続: NPT1"、50A、AINSI、JIS
    ケーブル: 固定ケーブル接続。

  • 保護等級

    IP67

  • 追加認証

    セル定数の校正証明

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification