サーボ式レベル計

保税および在槽管理アプリケーションにおける液体の連続レベル測定

サーボ式タンクゲージ機器は、液体のレベル、界面、密度アプリケーションにおいて高精度の測定を可能にします。本機器はタンクの在槽管理や保税アプリケーションのあらゆる要求を満たし、コスト削減、安全運転を実現するように最適化されています。サーボ式レベル測定アプリケーションに対応するProservo機器の幅広いラインナップをご確認いただき、下のボタンをクリックしてください。

サーボ式レベル計はタンクゲージ機器として、保税タンクおよび在槽管理(NMiおよびPTB保税認定対応)に使用され、世界的な保税用レベル計の標準規格であるOIML R85ならびにAPI 3.1Bに準拠します。Proservoは特に、原油、ガソリン、ディーゼル、石油化学製品、化学製品の保税アプリケーション向け高精度測定に最適です。

製品ファインダで機器ラインアップを確認>>

サーボ式レベル計:測定原理

小型のディスプレーサは、サーボモータを使用して正確に測定物表面の位置で静止します。ディスプレーサは、細かい溝付きのドラムハウジングに巻き付けられた測定ワイヤに吊り下げられます。ディスプレーサが下降して液体に接触すると、液体の浮力によってディスプレーサの質量が減少します。その結果、5組のホール素子で測定される磁気カップリング内のトルクが変化します。

利点

  • 導電率や比誘電率など、測定物の特性の影響を受けない

  • 保税アプリケーションに対応