導電率式レベル計

導電性液体用レベルスイッチ

導電率式レベルスイッチは、導電性液体におけるシンプルで安全なスイッチングポイントの検知を可能にします。Liquipointは幅広いアプリケーションに対応します。校正の必要がなく、タンク内に可動部がありません。長寿命運転、摩耗や詰まりのない信頼性の高い運用が可能です。導電率式レベル計の幅広いラインナップをご確認いただくには、下のボタンをクリックしてください。

Liquipointを使用した導電率式レベル検知の場合、在槽(最少量)アプリケーションの確実な操作とタンクのあふれ防止から、2点または多点制御(ポンプ制御)まで適切に実施可能です。

製品ファインダで機器ラインアップを確認>>

導電率測定:測定原理

測定物の有無に応じて、2つの測定電極間の抵抗が変化します。シングルロッドプローブでは、導電性のタンク内壁が対となる電極の役割を果たします。

利点

  • 1つのプロセス接続で多点検知

  • シンプルな計装