絶対圧およびゲージ圧測定

液体の連続測定または圧力スイッチ用の圧力トランスデューサ

絶対圧およびゲージ圧による連続測定または圧力スイッチは、各種アプリケーションにおける液体や気体の安全な測定を可能にします。CerabarセンサおよびCeraphantスイッチは、食品アプリケーションにおける信頼性の高いレベル監視を実現します。機器はさまざまなサニタリ認証を取得しています。また、SILおよび防爆認証取得済みのため、プロセス工業において信頼性の高い測定が保証されます。CerabarおよびCeraphant機器の幅広いラインナップをご確認いただき、下のボタンをクリックしてください。

セラミックセル、シリコンセル、またはダイアフラムシールを使用した絶対圧およびゲージ圧測定は、プロセス工業やサニタリ産業の各種アプリケーションに最適です。適切なセンサ技術と目的に合った機器を有するエンドレスハウザーは、迅速な設定、場合によってはプラグ&プレイによる簡単な設定、コストおよび時間の削減を実現する圧力トランスデューサを提供します。これには、圧力スイッチや圧力伝送器が含まれます。

製品ファインダで機器ラインアップを確認>>

圧力式の測定原理

絶対圧およびゲージ圧測定:測定原理

シリコンセル:プロセス圧力によりダイアフラムが偏向し、封入液が圧力を抵抗ブリッジに伝達します(半導体技術)。圧力に応じたブリッジ出力電圧の変化が測定され、評価されます。

圧力スイッチ:特定の設定圧力に達すると、圧力スイッチがPNP電気接点を開閉します。また、4~20mA出力も使用できます。

利点

  • シリコンセル:最大プロセス圧力70 MPa(10,500psi)に対応、小型のフラッシュマウントプロセス接続、耐過大圧特性を保証、最小限の熱的効果

  • ダイアフラムシール:多様な特殊材質およびプロセス接続、プロセス温度は-70~+400℃(-94~+752°F)

  • 圧力スイッチ:LEDおよびデジタル表示器による機能確認および現場情報、PCを介した操作および表示も可能、ステンレスハウジング、レーザー刻印された銘板