マイクロ波バリアレベル測定

非接触レーダーセンサを使用した粉体の非接触式レベルスイッチ

接触式が制約を受ける多くのケースにおいて、マイクロ波バリアは最適なソリューションとなります。Soliwave機器は、詰まりの回避、スイッチレベルの表示が可能であり、ポジショニングやカウントの課題を解決し、非接触式測定を実現することにより摩耗を防ぎます。測定可能な標準的な製品は木材チップ、紙およびボール紙チップ、石灰、小石、砂であり、袋や箱全体の測定にも対応します。

マイクロ波バリアでは、スイッチレベルを検知するために非接触方式が採用されています。本機器はタンク、導管、シャフトまたは自由落下シャフトに設置できます。材質が非金属製のタンクを外側から測定することも可能です。Soliwaveは、あらゆる種類の粉体を監視、カウントするためのレベルリミットスイッチとして最適です。発信器と受信器は相互に作用します。

マイクロ波バリア測定:測定原理

マイクロ波バリアは、マイクロ波をベースにして(トランスミッタ/レシーバの原理)あらゆる種類の粉体を検知するために使用されます。粉体の移動の検知(有無)は、マイクロ波のドップラー効果に基づきます。

利点

  • 非侵襲性 - タンクに外側からマイクロ波が侵入

  • プロセス条件の影響をほとんど受けない測定原理

  • 機械的に堅牢なソリューション - メンテナンスが不要