超音波式レベル計

超音波式レベルセンサによる液体および粉体の連続レベル測定

レベルセンサ Prosonic を使用した超音波式レベル測定は、液体、ペースト、スラッジ、パウダーから粗い粉粒体まで、メンテナンスが不要な非接触式連続レベル測定を実現します。測定は比誘電率、密度または湿度の影響を受けにくく、また、セルフクリーニング機能により付着物の影響も受けません。下のボタンをクリックして、超音波式レベル測定に対応するProsonic 機器の幅広いラインナップをご確認ください。

超音波式レベル測定は、液体および粉体のレベル測定において、世界で実証された、コスト効率の高いソリューションです。機器は一体型および分離型が用意されています。この測定原理には、設計や取付けが容易、迅速かつ安全な設定が可能、長寿命、メンテナンスコストの削減が可能といった特長があります。代表的なアプリケーションには研磨性および腐食性のある測定物が含まれる他、過酷な周囲条件にも対応します。

製品ファインダで機器ラインアップを確認>>

超音波式レベル測定:測定原理

レベル計 Prosonic の超音波式測定は、Time-of-Flight(飛行伝播時間)原理に基づいています。センサが超音波パルスを放出し、測定物表面によって反射した信号をセンサが再び検知します。反射した超音波信号のTime-of-Flight(飛行伝播時間)は、伝播距離に比例します。タンク形状が明らかな場合は、レベル値を計算することが可能です。

利点

  • 非接触式測定、メンテナンスが不要

  • 比誘電率や密度など、測定物の特性の影響を受けない測定

  • 実液の充填、排出なしに調整可能

  • センサダイアフラムの振動によるセルフクリーニング機能