デジタル非ガラスpHセンサ
Tophit CPS441D

Tophit CPS441D - KCl補給型の非ガラスデジタルpHセンサ ©Endress+Hauser
高濃度の有機溶媒を含む測定物に適したTophit CPS441D ©Endress+Hauser

液体のpH値は、電位差測定原理を使用して計算できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

Memosens 技術は、測定値をデジタル値に変換し、非接触でセンサと変換器間で双方向にデータ伝送を可能にするものです。この動画は、Memosens 技術はどのようにプロセス管理とメンテナンスを最適化するかをご紹介しています。

化学、ライフサイエンス、食品産業向けのMemosens技術搭載ISFET電極

Tophit CPS441Dは、導電率の低い測定物や高濃度の有機溶媒を含む測定物に適した高性能のデジタルセンサです。応答時間が迅速で、組成が変わりやすい測定物においても精確な測定を実現します。破損しにくいシャフトにより製品の安全性を確保します。CPS441DはMemosensデジタル技術により、プロセスとデータの整合性を最大限に高めるとともに、シンプルな操作性も兼ね備えています。腐食や結露に耐性があり、ラボでの校正やメンテナンス予測も可能です。

  • 利点

    • 最高の製品安全性を保証する壊れにくい構造

    • 電極への定期的なKCl補給と独立したリファレンスリードによる耐被毒性

    • 滅菌に対応

    • 校正周期が長くメンテナンスが容易

    • 非接触式の電磁誘導信号伝送により最大限のプロセス安全性を確保

    • センサおよびプロセス特有のデータをセンサ内蔵メモリに記録することによりメンテナンス予測も可能

    • プロセスのダウンタイムを最小化し、センサ寿命の延長により運営コストを削減

  • アプリケーション

    高濃度の有機溶媒を含む測定物や導電率の極めて低い測定物アプリケーションに適しています。

    • 沈降反応や分散(加圧バージョン)を含む化学産業

    • 発電所、例:ボイラー用水

    • ライフサイエンス産業、例:注射用水

    サニタリアプリケーションまたは危険場所での使用に対応するATEX、FMおよびCSA防爆認定

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    ISFET センサ

  • アプリケーション

    - 精度および速度面で高い要求がある特殊アプリケーション
    - 非ガラス、非破壊性
    - 低温
    - 急速に変化する測定物の組成
    - 詰まりやすい測定物
    - 低導電率

  • 特性

    イオン感応性電界効果トランジスタ(Isfet)テクノロジ
    - オーバーヘッド取付
    - 低温での高速応答
    - ガラスよりも保守の必要性が低い
    - 3A

  • 測定範囲

    pH 0-14

  • 測定原理

    - セラミックダイアフラム
    - 液体リード

  • 構造

    全てのシャフト長で温度センサ付

  • 材質

    Peek / 金属酸化物 / セラミック / EPDM

  • 外形寸法

    径 : 12mm (0.47 inch) シャフト長 : 120、225、360、425mm
    (4.72/8.86/14.2/16.7 inch)

  • プロセス温度

    -15°C ... 135°C
    (5°F ... 275°F)

  • プロセス圧力

    最大 1 MPa/100°C (145 psi/212°F)

  • 温度センサ

    オプション 内蔵Pt1000

  • 防爆規格適合証明書

    ATEX
    FM

  • 接続

    非接触、電磁式、Memosensテクノロジのデジタル接続ヘッド

  • 保護等級

    IP68

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification