デジタル硝酸/SACセンサ Viomax CAS51D

©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser

浄水/廃水処理およびユーティリティアプリケーションでの硝酸/SAC測定用Memosensテクノロジ搭載光学式センサ

Viomax CAS51Dは、さまざまなプロセス条件で自動運転を可能にする高性能センサです。プロセスに浸漬して測定できます。独自の設計により優れた堅牢性を備え、自動洗浄機能によりメンテナンスを簡素化できます。CAS51Dは、Memosensデジタルテクノロジにより、プロセスとデータの整合性を最大限に高めるとともに、操作も容易です。Viomax CAS51Dはラボでの校正が可能で、メンテナンス予測を容易にします。

  • 利点

    • 優れたコストパフォーマンス:操作が容易で測定に化学薬品を使用しないため、安全で環境にやさしく、運転コストを削減します。

    • 極めて迅速な応答時間:センサの測定値が信頼性の高いリアルタイムのプロセス情報を提供します。

    • 設定が容易:センサは工場出荷時に校正されています。

    • プラントの自動運転が可能:インテリジェントな設計と自動エア洗浄機能により、可用性を最大限に高めメンテナンスの手間を最小化します。

    • 開放型水槽に完全対応:Flexdip CYH112ホルダとCYA112浸漬パイプを組み合わせることにより、...

  • アプリケーション

    Viomax CAS51Dは、飲料水、プロセス水、廃水処理アプリケーション、および公共施設において硝酸/SAC測定に使用されます。

    • 取水口および排水口の有機物負荷または硝酸測定

    • CODeqまたはTOCeqの決定

    • 処理プロセスの監視、制御、最適化

    • 曝気槽および脱窒処理段階の硝酸監視

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    UVフォトメータ

  • 特性

    プロセス内浸漬、サンプル及びフローセル付 抽出物
    硝酸およびSAC用 光学式光度計センサ

  • サイズ

    390 mm x 40 mm

  • 構造

    40 mm センサ、ステンレス
    ステンレス SUS316L相当

  • プロセス温度

    5 ... 50°C / 41 -120°F

  • 周囲温度

    -20 ... +60 °C
    -4 ... 140 °F

  • 特徴

    G1、NPT3/4
    IP68 (1m/3.3ft) 1N KCl 付きウォーターカラム(60日)

  • アプリケーション

    飲料水、バイオ排水プロセス、下水処理場の流出水
    表面水の監視

  • 測定範囲

    0.01~20 mg/l / 0.1~50 mg/l NO3-N

    0.04~80 mg/l / 0.4~200 mg/l NO3

    0.1~50 1/m / 0.5~250 1/m / 1.5~700 1/m SAC

    0.15~75 mg/l / 0.75~370 mg/l / 2.5~1000 mg/l COD(254 nm)

    0.06~30 mg/l / 0.3~150 mg/l / 0.9~410 mg/l TOC(254 nm)

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification