エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

製品ツール

製品およびサービスに関するお問い合わせ

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

財務成績 

グループは世界的な成長を享受し、利益を増やし、数多くの新しい雇用を創出

エンドレスハウザーグループの2017年の業績は、強力なビジネス環境の恩恵を受け、初のデジタルサービスを含む幅広い革新的な製品を導入したことにより、増収、増益を達成しました。大規模な新規雇用および多額の投資とサステナビリティ領域の深化は、当グループのバランスのとれた成長を明確に示しています。

現地通貨での力強い成長

2017年の純売上高は4.8%増の22億4,100万ユーロでした。しかしながら、ほとんどの通貨に対してユーロが上昇していたため、正しい姿を歪曲しています。「現地通貨ベースで調整した場合は、6.5%成長しており、計装事業は8.0%の伸びを見せました。」と、スイス・バーゼルで開かれたエンドレスハウザーの記者会見の席上、最高経営責任者(CEO)Matthias Altendorf は、述べました。「私たち Endress+Hauser は、市場における地位を強固にしたと確信しています。」

包括的に成長

強固なコンシューマビジネス環境、安定した石油価格、低金利によって、2017年はプロセス産業の投資活動が大きな一年となりました。「生産力の拡大の必要性とは別に、お客様企業はより競合性、信頼性、持続性の高い生産方法を模索しています」とMatthias Altendorfは述べています。エンドレスハウザーはプロセスおよびラボの測定機器、オートメーションソリューション、およびサービスの世界的なリーディングサプライヤとして、お客様の努力を支援します。

イノベーションとデジタル化による推進力

「事業はほぼすべての地域と産業で好調でした」とCEOは報告しています。革新的な技術が事業を大幅に後押ししました。エンドレスハウザーは昨年、57の新製品と571の機器オプションを発売しました。研究開発費は1億7,070万ユーロに増加しましたが、これは売上の7.6%に相当します。エンドレスハウザーの技術革新の大きさは、261件の新規特許出願に表れています。デジタル化はますます重要な役割を果たしています。

収益面での向上

エンドレスハウザーの営業利益(EBIT)は15.0%増の2億5,170万ユーロに増加し、税込売上利益(EBT)は24.9%増の2億7,560万ユーロとなりました。純利益は34.2%増の2億910万ユーロでした。売上利益率(ROS)は2.0ポイント上昇して12.3%でした。これに対して、自己資本比率は外国為替相場の影響により、0.3ポイント下落して70.2%となりました。エンドレスハウザーは世界中の設備に1億3,870万ユーロを投資しました。

素晴らしいスコアの持続性

「ファミリー企業としての当社の目的は持続性の成長です」とMatthias Altendorf CEOは強調します。この点において戦略的KPI(主要パフォーマンスインジケータ)の1つの指針となるのは、サプライヤの持続性を評価するEcoVadisベンチマークです。2017年にエンドレスハウザーは100点満点で66点を取り、評価対象の全会社の上位2%に入りました。エンドレスハウザーは2017年に296人分の雇用を創出しました。これは当初の計画を超える数でした。2017年年末で、エンドレスハウザーグループ全体の従業員数は13,299人に成長しました。

今年度も堅調な見通し

エンドレスハウザーの今年度は受注量が大きく増加し好調なスタートを切りました。グループは数パーセントの成長を計画しており、極めて大きな影響を及ぼす事件がなければ現在のレベルの収益が得られるものと予測しています。施設投資に2億2,300万ユーロの予算を計上し、世界中で新たに500人分の雇用を創出する予定です。「2018年はエンドレスハウザーにとってまたよい一年になるだろうと期待しています」とMatthias Altendorfは述べています。

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
東京都府中市日新町 5-70-3 183-0036 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com

関連トピックス