W@Mオペレーション – データによるメンテナンスの最適化

重要な機器情報へのアクセスに基づいてメンテナンスを改善

設置機器に関して、どのようなデータが必要となりますか?
W@Mオペレーションは、予防メンテナンス戦略のために、設置機器を明確に把握し、詳細な知識を必要とするエンジニア向けです。これは、プラント運用およびプロセスからのデータを組み合わせて、プラントコストの削減、プラント可用性の向上、適合性の強化のための意思決断をサポートできるという点で優れています。

適切なタイミングでの適切な情報

関連するアセット情報にアクセスすることで、運用プロセスが持続的に改善されます。

  • スペアパーツの管理

  • 履歴記録の追跡

  • 危機的状況の監視

ウェブベースのツールを使用すると、常に最新の情報に迅速かつ簡単にアクセスできます。プラントアセットマネジメントソフトウェアとサービスが組み合わされたこれらのツールが、お客様の日々のメンテナンスタスクをさらに最適化します。

メンテナンス作業を効率的に管理

  • エンジニアリング、調達、設定データを運用プロセスに転送

  • プラントの関連文書および情報のペーパーレス記録

  • アセット情報を迅速に取得

  • 現在の設置機器状況の概要

  • 設定、校正、メンテナンスの履歴とデータを追跡

利点

  • ライフサイクル全体にわたって24時間いつでも設置機器の最新の機器データを使用可能

  • 包括的な機器情報により信頼性の高いプランニングを保証

  • 設置機器の効率的なモニタリングによりプラントのダウンタイムとエラーを最小限に抑制

  • 透明性のある情報により生産品質と安全性が向上

  • レポートや証明書をすぐに確認でき適合性の管理が容易

スイス企業のEmmi社は、エンドレスハウザーの機器をオンラインで注文し、最新のアセット情報にアクセスすることでメリットを得ています。

ダウンロード