製薬業界におけるプロジェクト管理

エンジニアリングサポートは、製薬プロジェクトの効率化および運転コストの削減に役立ちます。

より高度なインテグレーションとオートメーションの必要性から、臨床スケールから製造スケールへの技術移転には複雑さの増加が伴います。多くの産業用計測機器の設計、設置、適格性評価はプロジェクト実行時に行われます。運転が開始すると、機器の定期的なメンテナンス、検証、校正が必要となります。早期の標準化と効率的なプロジェクト管理は、これらのすべてのステップを簡素化し、製品化までの時間短縮に役立ちます。

プロジェクト管理が可能にすること

計装は、時に予想されるよりも複雑なことがあります。それは、特にオートメーションとプロセスの分野が交わるためです。しかし、適切なエキスパートがプロジェクトの初期段階から関与すると、運転コストとプラントのダウンタイムを最小限に抑えることができます。これを実現するには、エンジニアリングからコミッショニング、運転の最適化に至るまで責任を引き受け、お客様に寄り添うパートナーが必要となります。

  • 適切な機器の標準化に取り組むエンジニアの配属

  • 統合されたフィールドバスおよび校正エンジニアリングによる最適化されたプラント可用性

  • 文書と証明書の協調

  • 十分に調整されたサプライチェーンロジスティクス

  • FAT から早期の運用段階までの適格性評価サポート

プロジェクトを標準化する方法をご紹介します。

バイオプロセス概要 ©Endress+Hauser

バイオプロセス概要

発酵プロセス ©Endress+Hauser

発酵プロセス

クロマトグラフィプロセス ©Endress+Hauser

クロマトグラフィプロセス

ウイルスろ過プロセス ©Endress+Hauser

ウイルスろ過プロセス

濃縮プロセス ©Endress+Hauser

濃縮プロセス

アプリケーション

増大するクリティカリティに対応するために組み込まれたエンジニアリング。

エンジニアリングサポート

医薬品製造プロジェクトの規模およびプロセス統合の程度に応じて、増大するクリティカリティに対応し、複雑さを軽減するためには、エンジニアを配属させることが適切な選択肢となります。

  • 当社のエンジニアが、各アプリケーション向けに適切な機器を選定します。それにより、最適な測定作業が保証されます。

  • 校正エンジニアリングにより校正のダウンタイムが減少し、常に適合性が確保されます。

  • フィールドバスエンジニアリングにより、フィールドバスネットワークの全体性能が保証されます。

  • 当社の校正サービスは、最小限のプロセス中断でご使用の機器品質を最新かつ高性能に維持します。

プロジェクト管理およびサプライチェーンの最適化

効果的なプロジェクト管理およびサプライチェーンの最適化

調和された設置基盤を実現し、それによって医薬品製造プロジェクトの複雑さを軽減するためには、すべての納入業者が標準機器カタログを順守することが重要です。エンドレスハウザーのプロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体にわたって、これが実施されることを約束します。納入業者の所在地に関係なく、定評あるエンドレスハウザーのグローバル品質規格の機器を納入業者は現地調達できます。

医薬品製造、発酵に関するサービス

実行段階でのサポート

当社のプロジェクトマネージャーは FAT から最終バリデーションまでサポートします。

  • スタートアップおよびコミッショニング

  • 適格性評価およびバリデーション

  • 校正およびメンテナンスコンセプト

  • 適合性ドキュメンテーション

当社製品ラインアップをご確認ください

ライフサイエンス産業のスペシャリストがお手伝いします

ライフサイエンス産業のお客様以上にこの業界の課題をよく知る人はいないでしょう。しかしエンドレスハウザーのスペシャリストも長年の経験により、製薬製造プロセスについてのかなり詳しい知識を有しています。彼らはプロセスオートメーションに通じており、かれらの知識と経験はお客様のプロジェクト遂行にお役立ていただけることでしょう。Philipp ZumoberhausとSylvia del Sorboもスペシャリストの1人です。

利点

エンドレスハウザーのエキスパートがお客様のプロセスの管理と最適化をお手伝いします。当社のエキスパートはあらゆる種類の計装機器を提供できるだけでなく、医薬品製造プロジェクトの複雑さ軽減に役立つ、深い産業ノウハウを持っています。当社のエンジニアは、常にお客様のビジネスニーズに最高に応えるものを見つけようと努めています。

  • 80%

    標準化により温度計タイプが 80% 減少

  • 3%

    標準化により年間運転コスト、初期投資を 3% 削減

  • 100%

    ユーザー要件に応える機器 - 最初から適切なエンジニアリング