2 文字以上を入力して検索を開始してください。

iTHERM TrustSens自己校正機能付き温度計

受賞歴のあるセンサ技術により、重要なアプリケーションにおけるリスクの低減、プロセスの安全性向上が実現します。

エンドレスハウザーは、FDA規制およびGMPルールへの厳格な適合が求められるサニタリアプリケーション向けに特別設計された自己校正機能付き温度計技術を世界で初めて開発しました。センサユニットには、標準のPt100 RTDセンサとキュリー温度効果を利用して校正信号を生成する高精度の定点リファレンス素子が組み合わされています。受賞歴のある設計は、重要なプロセスにおいてリスクと測定の不確実性を最小限に抑えるために役立ちます。

iTHERM リファレンス素子内蔵のTrustSensセンサの図 ©Endress+Hauser
iTHERM TrustSens 温度計 ©Endress+Hauser

利点

  • 信頼性と精度の高い設計

    測定チェーンの繰返し性とトレーサビリティ

    内蔵された物理的リファレンスは、Pt100センサのすぐ横に位置します。

    最高の測定精度に適合するセンサ伝送器

  • シームレスなシステム統合

    4~20 mA出力およびHART® プロトコル

    Memograph M RSG45データマネージャによる校正監視

    Siemens SIMATIC ET 200SPシステムの統合

  • 独立機関による認証を取得

    TÜV、イルメナウ工科大学

  • 内蔵されたリファレンスの工場出荷時の校正証明書

    内蔵された定点リファレンスのキュリー点証明書

  • 低侵入性

    コンパクトな機器ハウジング内の小型センサ素子(インサート3mm、サーモウェル6mm)

統合されたHART® 伝送器とHeartbeat Technology機能を組み合わせたiTHERM TM371およびTM372は、完全自動の現場自己校正に対応する世界初のRTDセンサユニットです。この特許取得済みの革新的技術は、ラボおよび現場試行で十分な試験と検証が行われています。世界中のお客様が、この新しい技術に移行していることから、測定の精度と安定性の点で期待を上回る結果が得られることが示されています。