デジタル溶存酸素センサ
Memosens COS81D

Memosens COS81D 光学式溶存酸素センサは120 mm長バージョンが用意されています。 ©Endress+Hauser

Memosens COS81D センサは120 mm長バージョンおよび

Memosens COS81D 光学式溶存酸素センサは220 mm長バージョンも用意されています。 ©Endress+Hauser

220 mm長バージョンも用意されています。

センサはASME BPEおよびEHEDGに準拠して設計されています。 ©Endress+Hauser

センサはASME BPEおよびEHEDGに準拠して設計されており、発酵、不活性、飲料水生産などの非常に要求の厳しいサニタリ/滅菌アプリケーションに対応しています。

Memosens COS81Dはプロセスおよびラボ分析のいずれにも適用できます。 ©Endress+Hauser

Memosens COS81Dはプロセスおよびラボ分析のいずれにも適用できます。製造全体を通して完全な整合性を持つ測定値を提供します。

C形状センサキャップのMemosens COS81D。ファーメンタの溶存酸素測定にこのキャップを使用します。 ©Endress+Hauser

先端がC形状センサキャップのMemosens COS81D。気泡などの付着を防ぐために、ファーメンタアプリケーションなどの液体の溶存酸素測定にこのキャップを使用します。

U形状センサキャップのMemosens COS81D。培養槽の溶存酸素測定にこのキャップを使用します。 ©Endress+Hauser

先端がU形状センサキャップのMemosens COS81D。研磨性のある粒子がキャップの光学層を損傷する可能性がある培養槽などの気相の溶存酸素測定にこのキャップを使用します。

Memobase Plus CYZ71Dを使用して、ラボでCOS81Dセンサのメンテナンス・校正を容易に実施できます。 ©Endress+Hauser

Memobase Plusソフトウェアを使用して、ラボなどの安定した条件下でMemosens COS81Dセンサのメンテナンス・校正を容易に実施できます。

事前校正済みのセンサをプロセスに設置すると、直ちに測定できる状態になります ©Endress+Hauser

事前校正済みのMemosens COS81Dセンサをプロセスに設置すると、直ちに次のバッチを測定できる状態になります。

ファーメンタ内のセンサ位置 ©Endress+Hauser

ファーメンタ内のセンサ位置

液体の溶存酸素濃度は、隔膜式または光学式の測定原理を使用して測定できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

Memosensは、測定値をデジタル信号に変換し、非接触接続で変換器に伝送します。Memosensによるプロセス制御とメンテナンスの最適化については、こちらの動画をご覧ください。

ライフサイエンス、製薬および食品産業のサニタリアプリケーションに最適なMemosens光学式溶存酸素センサ

Memosens COS81Dは発酵や不活性などのサニタリアプリケーションに最適な溶存酸素センサです。高精度で長期安定性の高い測定と常時自己監視機能により、信頼性の高い測定値を提供し、製品の高品質と最適化された製品歩留まりを保証します。COS81DはMemosenseデジタル技術により、プロセスとデータの整合性を最大限に高めるとともに、操作も容易です。ラボでの校正が可能で、メンテナンス予測を容易にします。

  • 利点

    • EHEDGおよびASME BPE(USPクラスVI認定およびFDA準拠を含む)に準拠したサニタリデザインにより、交差汚染を防ぎ、GMPおよびGLPの要件をすべて満たします。

    • 本センサはベンチトップ培養槽から製造プロセスアプリケーションまで幅広いアプリケーションに使用できます。ラボでの最初のテストに始まり最終的な大規模プロセスにいたるまで、プロセスラボ結果との完全な整合性を持つ測定値を提供します。

    • センサ交換が瞬時で可能なためプロセス稼働時間をより長く確保:...

  • アプリケーション

    Memosens COS81Dは、滅菌要件が非常に厳しい以下のアプリケーションにおける溶存酸素測定に最適です。

    • 発酵

    • 不活性

    • 飲用水製造

    ATEXやIECExなどの国際防爆認証を取得したMemosens COS81D溶存酸素センサは、危険場所での使用に適しています。

    センサシリアル番号が記載された製薬証明書を用意

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    溶存酸素センサ

  • アプリケーション

    酸素生産におけるプロセス管理
    培養の管理
    バイオテクノロジ分野の生産
    食品産業
    一般加工用途

  • 取付

    標準プロセス接続 Pg 13.5
    標準pHアッセンブリに取付可能

  • 特性

    複数の滅菌サイクルにわたり安定性の高い酸素測定が可能なサニタリ光学式センサ
    流量不要 - 静水でも測定可能

  • 測定範囲

    0.004~30 mg/l
    0.05~330 %SAT
    0.1~700 hPa

  • 測定原理

    酸素反応分子 (マーカー) が、光活動層 (蛍光層) に組み込まれています。この蛍光層表面は、測定物と接触しており、センサ光学部が蛍光層の背面に向けられます。このセンサ光学部は緑色の発光でパルスを蛍光層に伝送し、マーカーが赤色の発光でパルスを応答します。応答の持続と強度は溶存酸素量と部分圧力により変化します。

  • 構造

    光学系、12 mmステンレス

  • 材質

    センサ本体:ステンレス1.4435
    プロセスシール:FKM(USP <87>、<88> クラスVIおよびFDA)
    シール/Oリング:EPDM、FFKM(USP <87>、<88> クラスVIおよびFDA)

  • 外形寸法

    口径:12 mm(0.47 inch)
    シャフト長:120、220、360、420 mm
    (4.72、8.86、14.2、16.5 inch)

  • プロセス温度

    0~140 °C
    (32~284 °F)

  • プロセス圧力

    絶対圧2 kPa~1.3 MPa
    (0~190 psi)

  • 温度センサ

    Pt1000 クラス B DIN IEC 60751 準拠

  • 接続

    Memosens-接続部ヘッド

  • 追加認証

    材料証明書 3.1
    - 表面粗さ Ra<0.38

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification
    • Order code COV81-

      Maintenance kit Memosens COV81

      service kit for Memosens COS81D contains optical cap, o-rings and further material for maintenance of COS81D

    • Order code COY8-

      Zero-point gel COY8

      Zero point: Verification, calibration, adjustment Check of zero point at oxygen sensors ::Amperometric and optical sensors ::12 and 40mm diameter ::Applicaiton in the lab, in the field

    • Order code CYK11-

      測定ケーブル CYK11 メモセンス

      延長ケーブル, アプリケーション: デジタル固定ケーブルセンサ CYK10. 動作温度範囲: -30...90oC