合成ガス関連産業

サンプリングバルブ、カラム、キャリアガスが不要なガス組成用のラマンOptograf™アナライザー

合成ガス生産、プロセス中間体及び最終製品を最適化するための組成測定

プライマリー改質器出口の生合成ガス

生合成ガスは、最初の中間製品です。 H2, CO, CH4 および CO2の成分測定は、 H2 および CO2 を監視するために使用され、改質器を制御するためのスチーム/炭素比の最適化を可能にします。

従来のアプローチ

ガス化装置の生産物は、汚れた流体です。サンプリングと反応速度が、この危険な高圧ガスのプロセスにおける主要な懸案事項となっています。プロセスガスクロマクトグラフィー( GC) 又は質量分析計 (MS) のような一般に適用されているテクノロジーでは、アナライザーに近接したサンプルタップ及びサンプル調整パネルの両方でサンプルを移送し調整を行うことが必要となります。

具体的には、この用途では、動的逆流サンプラー(Dynamic Reflux Sampler, DRS) 又は、代替の液体及び微粒子除去システムの使用が必須となります。GCのカラム又はMSのイオン化チャンバーを損傷する恐れがあることから、GC又は MS アナライザーを液体のキャリーオーバーから保護することが、主要な課題となっています。

エンドレスハウザーのソリューション

ラマンOptografアナライザーと OptoDRS™ サンプル調整を使用した連続測定

ラマンOptografアナライザーに関する詳細な情報をご参照ください。

多成分分析

H2S, NH3, CO2, CO, H2, N2, CH4, CH3OH, C2H6, C3H8, C4H10

     

注記:Optgraf日本国内防爆認証は取得しておりません。

合成ガス生産、プロセス中間体及び最終製品を最適化するための組成測定