キーワード、オーダーコード、製品コード、またはシリアル番号で検索してください(例:「CM442」や「技術仕様書」)
2 文字以上を入力して検索を開始してください。

成長へのさらなる道を歩む Endress+Hauser

マウルブルクでのレベルおよび圧力測定技術の生産を拡大

Endress+Hauser ドイツのマウルブルクにある拠点の拡張に約4,600万ユーロを投資しました。完了までに2年近くかかったこのプロジェクトには、17,000平方フィートを超えるスペースを備えた新しい生産およびオフィスビルと、駐車場が含まれています。この拡張は、レベルおよび圧力測定技術の分野での力強い成長に対応したものです。

約2,000人の従業員を擁するマウルブルクは、Endress+Hauserグループの最大の拠点の1つです。マウルブルクのEndress+Hauser Level+PressureのマネージングディレクターであるDr. Peter Seldersは、新しい施設について、次のように述べています。十分なスペースと最新のインフラストラクチャは、品質と効率の要求を満たすために役立つでしょう。

持続可能な建築技術

2020年に完成した新しい社屋には、17,000平方フィートのスペースがあり、そのうち11,000は生産専用です。この設計はエネルギー効率にかなりの価値を置き、屋根の太陽光発電システムと電気と熱を供給するコージェネレーションユニットを備えています。そして、Endress+Hauser測定技術は、エネルギーの流れを監視しています。また、マウルブルクキャンパスには、700台分の駐車スペースを備えた約17,000平方フィートの新しい駐車ガレージもあります。

高精度な校正

新社屋の地下には、大型タンクやサイロで使用されるレーダー技術を用いたレベル測定器の精密な校正に使用される2つの測定セクションが建設中です。これは、大型タンクやサイロに設置されているレーダー式レベル測定器の精密な校正に使用されるもので、1つの測定部が55メートルという世界最長のものです。在庫のモニタリングでは、わずかな測定値の誤差が大きな不確実性につながるため、お客様は校正に対して強い関心を持たれています。

落成式  

2021年10月8日(金)、政府や産業界からの来賓、ビジネスパートナー、従業員が出席した小さな集会で、新しい建物が正式に奉納されました。建設が完了した2020年初頭にはスペースの使用が開始されていましたが、コロナウイルスのパンデミックの影響で、落成式 は今まで延期されていました。

「この1年で私たちは 多くのことをバーチャル環境に移行しました。しかしながら、Covidの制限により少人数にはなっても、この新しいビルで人々と一緒にオープニングを祝いたいと思いました」とPeter Selders氏は強い思いを述べました。

グループのCEO の Matthias Altendorfは、健全な協力関係の象徴として、ドイツ人アーティスト、Britta Schmidhauser氏の壁画をマウルブルクの拠点に贈呈し、「この作品は、ガラスを溶かして作った色とりどりの四角形で構成されています。四角形がひとつでも欠けたら、絵は不完全なものになってしまいます。このアイデアは、世界中のEndress+Hauserの拠点に簡単に持ち込むことができ、すべての従業員に当てはまります。」と述べました。

ドイツ・マウルブルクの新社屋 ©Endress+Hauser

Endress+Hauser は、ドイツ マウルブルクでのレベルおよび圧力測定技術の生産を拡大しました。

ドイツ・マウルブルクでの落成式:「Global Player」と名付けられた壁画の授受 ©Endress+Hauser

Matthias Altendorf が、新社屋の前で Dr. Peter Selders に「Global Player」と名付けられたガラス製の壁画を授与 

Dr. Peter Selders, マウルブルクにあるEndress+Hauser Level+Pressure社のマネージングディレクター ©Endress+Hauser

Dr. Peter Selders, マウルブルクにあるEndress+Hauser Level+Pressure社のマネージングディレクター

Matthias Altendorf, Endress+Hauser グループCEO ©Endress+Hauser

Matthias Altendorf, Endress+Hauser グループCEO