メンテナンス計画が6か月で効果を発揮

ルイドレイファス社のバイオディーゼルプラントがメンテナンスコストを減少

計測機器およびメンテナンスの分析は、メンテナンスコストの削減や投資利益(ROI)の早期回収につながります。

米国インディアナ州クレイプールにあるルイドレイファス社のバイオディーゼルプラント Louis Dreyfus Commodities

改善効果    

  • 年間メンテナンス費用が大幅に減少

  • 事後メンテナンス活動から予防的メンテナンス活動への移行でプラント効率が上昇

  • 予測/予防メンテナンス計画を作成

  • 重要機器のスペアパーツの在庫を確立

お客様が抱えていた課題

プラントマネージャは予算管理上の理由から、メンテナンス活動の本質を見抜きたいと考えていました。

  • 効果的なメンテナンス管理プログラムを構築するための資源と時間が不足していた

  • 機器の事後メンテナンスに時間がかかりプロセス効率が低かった

エンドレスハウザーのソリューション

エンドレスハウザーはインストールベースの分析を実施し、プラントの検分、状況の分析を基に勧告しました。

次に、メンテナンス計画の作成、Webベースのアセット情報システムの構築、お客さまの作業員の研修、さらにはそのメンテナンス計画の実行に必要なすべての資源の提供を行いました。

このプロジェクトの重要ステップ

  • プラントでデータを収集

  • 情報を編集して重要機器を定義

  • メンテナンス計画を作成

  • 研修の実施

継続的な改善と財政的利益

このプログラムの導入以来、年間メンテナンス費用は大幅に減少しました。プラントマネージャは、予算管理上の理由からメンテナンスの必要性の本質を見抜きたいと考えていましたが、このプラントには、効果的なメンテナンス管理計画を構築するための資源も時間もありませんでした。そこで、そのための専門知識を提供したのがエンドレスハウザーでした。このプラントのメンテナンスでは、全ての計測機器の情報を完全に把握できていませんでした。そこで分析を実施したところ、507台の機器が重要な関連情報を持っていることが判明しました。

プロセス効率が向上、ダウンタイムが最大限に短縮

以前は、事後メンテナンスのために機器を取り外す必要が生じる為稼働時間が短くなっていました。しかし、新しいメンテナンス計画ではメンテナンス作業が予期できるようになり、重要な機器のモニタリングもしやすくなりました。結果として、メンテナンスを計画的に行い、予算管理コストを削減することができたのです。各機器に重要レベルを設定したおかげで、プラントのダウンタイムを減らすにはどの部品を在庫しておくべきかが分かるようになりました。