2 文字以上を入力して検索を開始してください。

ラボベースのpH校正が新たな可能性を生む

Beiersdorf社は計測機器の可用性を最大化するデジタルMemosensテクノロジーを使用

Beiersdorf Manufacturing Hamburg GmbH(BMH)のビルブルック拠点は、週5日、3交代24時間体制で稼動しています。幅広い製品の種類が連続生産を可能にします。そのため、システムおよび設備の高い可用性が非常に重要です。プラントがメンテナンスおよび校正のために許されるシャットダウン期間は、1年に1回の数週間のみです。システムに恒久的に設置されている計測機器を取り外し、テストおよび校正します。

可用性を最大化するデジタルMemosensテクノロジー ©Endress+Hauser

BMH Process EngineeringのSven Ritzは、Memobase Plusを使用してラボで校正を行っています。

特長   

  • ラボでの校正とフィールドでの校正の品質の差はなし

  • 事前校正されたpHセンサにより連続生産を実現

  • センサの耐用年数を向上 - センサは使用時間ではなく証拠に基づいて廃棄

可用性を最大化するデジタルMemosensテクノロジー

「我々の最優先事項は連続生産を保証することです。私達は現在、事前校正済みpHセンサの供給を維持できています。これにより、校正にかかる負荷が削減されます。」

Sven Ritz氏, 生産エンジニア
BMH Billbrook

課題   

拠点では、生産および排水処理で使用されるpH測定ポイントの扱いに特殊な手順を使用しています。プロセス測定物との相互作用により、pHセンサは通常汚染されます。その結果、計測機器の定期的な検査と交換が必要となり、コストが発生します。かつては、pHセンサは一定期間が経つと交換されていました。アナログ機器はすなわち、迅速な交換のための事前校正済みセンサの供給が維持できないことを意味しています。

エンドレスハウザーのソリューション

つまりこれが、拠点で長きにわたりMemosensテクノロジーが使用されている理由です。結果として工場にいくつかの改善が行われました。デジタルpHセンサ、このケースではOrbisint CPS11Dは現在ではラボで校正され、校正データはセンサヘッドに保存されます。デジタルMemosensケーブルとMemosens変換器を使用して、センサをフィールドで使用できます。