実践的な機能安全

SISに関するプロジェクト管理から、設計、プランニング、安全ループ計算、ライフサイクル管理まで

潜在的な危険からIEC 61511に準拠した安全へ ©Endress+Hauser

潜在的な危険からIEC 61511に準拠した安全へ

機能安全がどれほど重要な役割を果たすか、疑問の余地はありません。プラント操業者は個人的リスクを避けるために多大な費用を掛けます。人、プロセス、プラントまたは環境に影響を及ぼす事故と比較すれば、どのような予防対策もはるかに費用対効果が高いのです。

機能安全 

機能安全を実装する場合、IEC 61508に準拠して開発された機器を採用することで、偶発的及び体系的なエラーを最小限に抑えることができます。この規格は、プラントの操業者に安全性の向上をもたらし、動作の信頼性検証の時間短縮を実現し、必要な措置やドキュメンテーション等の手間をメーカーに委ねることができます。

     

本公開情報では、エンドレスハウザーが知り得る限りの情報が提供されています。ただし、当社では誤解によって生じる可能性のある責任を負うことはできません。