エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ
石炭火力発電所のタービン

メーター交換によるリスクの最小化

老朽化したテクノロジーの最新化により安全性を確保

発電所における安全の重要性を否定する人はいません。この往々にして危険を伴う環境には、人々や事業をリスクにさらす多くの潜在的な危険が隠されています。しかし、いくらプラント事業者が安全を重視しても、問題は起こり続けます。損害または製造ロスが生じた場合、コストが発生します。強制停止ほど費用効果の高い予防対策はありません。そこで、最大限の安全性を保証するためには、さらに信頼性の高い計測システムと組み合わされた機械式メーターに交換することが重要です。

50,000

US$のポンプ

いくつかのケースでは、計器に数百〜数千ドルを費やすことで、5万ドルのポンプを深刻な損傷から守ることができます。

石炭火力発電所で作業をするEndress+Hauser作業員

エンドレスハウザーの提供するサービス

火力発電であれ、水力発電、内燃機関、またはコジェネレーションのプラントであれ、プラントのプロセスを安全に向上させるために、私たちはお客様の既存の機械式メーターを最適に交換するためのテクノロジーを提供します。このテクノロジーにより、必要なメンテナンスが少なくなり、エラーのリスクが低減します。当社の包括的なサービスと産業ノウハウにより、私たちは世界中でプラントのライフサイクル全体にわたって、投資者、所有者、事業者、請負業者、製造者をサポートします。

  • 安全な測定製品ラインナップは、ATEX、FM、TIISなどの国際的な規格に適合

  • IEC 61508 SIL 2に準拠する最先端の技術、安全機器システムの場合は最高SIL 3で冗長化アプリケーションに対応

  • 統合された検証機能:Heartbeat Technologyにより常にプロセス安全性を保証

  • シンプル化とそれにより管理操作の安全性向上に寄与する統一された操作コンセプト

  • 作業員の教育に役立つ安全および標準セミナーとトレーニング

安全で信頼性の高いゲージおよび機械式計測

コンデンサ温水のレベル測定

ディスプレーサと差圧(DP)伝送器をコンデンサ温水で使用することは困難です。1つには、トルクチューブの小さな機械的動作による振動の影響を受けることが挙げられます。もう1つは、真空サービス容器では制約を受けるということがあります。トルクチューブ、分離型シールまたはDP伝送器、ウェットレグDPレベルシステムの実行可能な代替となるのは、ガイドレーダーです。ガイドレーダーは、過酷なプロセス条件下でもメンテナンスフリーで真空の影響はありません。

  • 精度および信号安定性の向上、大幅なメンテナンスコストの削減が実現します。

  • 作業員が危険な操作を行う必要がないため、最高の安全性が保証されます。

タービンコンデンサ温水のレベル測定

スタートアップおよび助燃バーナーの流量測定

容積式流量計は摩耗するためメンテナンスが必要となります。幸いなことに、近年は流量計技術が発展しています。より安全性の高いシステム操作を実現するためのマイルストーンとなるのは、信頼性の高い2線式技術とコリオリ質量流量計です。コリオリ式では、体積、質量、温度、気体密度、液体密度、粘度を同時に測定することが可能です。
 
プラントの安全性を高めるための新しい視点!

  • 液体燃料のインライン粘度測定、燃焼を最適化するための離散的な液体燃料粘度制御

  • 可動部がないため繰返し性が向上、OPEX(運用コスト)の削減、直接的な質量測定が可能

スタートアップおよび助燃バーナーの流量測定

ボイラー用水ポンプ(BFP)の温度監視

温度が約170℃/ 338°F、圧力が約22 MPa/ 3191 psiの場合、ボイラー用水ポンプの温度測定は特に難しいものではありません。しかし、温度センサは強い振動を受け、結果として動作寿命が短くなります。たとえば、バーストック型サーモウェル付きのOmnigrad温度計を耐振動性のあるiTHERM StrongSensインサートと組み合わせて使用することにより、耐久性の高いソリューションが実現します。

  • 信頼性の高いプロセス制御とダウンタイムの最小限化

  • 測定エレメントの耐振動性 > 60g

  • 高速、堅牢、高精度な測定によりコスト削減とプロセスの最適化を実現

ボイラー用水タンク

排煙脱硫(FGD)におけるスラリー密度測定

投入部における石灰スラリーの密度測定は、煙道ガス浄化プロセスの効率化を図るために重要です。特定の濃度に達すると、懸濁液は取り除かれます。放射線式Gammapilotによる既存の密度測定は、非核機器を実現するために放射性線源を使用せず、密度、温度、質量流量を同時に測定できる新技術のPromass Coriolisと交換することが可能です。

  • プラント現場における核原料の排除

  • メンテナンス、文書業務、安全に対する懸念が減少

排煙脱硫(FGD)における密度および流量測定

蒸気発電所の水化学技術の変更

湿気のため、既存のアナログ機器は早々に腐食します。しかし、この問題はすでに過去のものです。Memosens非接触デジタルセンサは液体の分析に革命をもたらします。使いやすく、耐腐食性および耐湿性があり、水中での使用が可能、予測メンテナンスが容易になります。動作寿命が長くなるように設計されており、金額に見合う最高の価値を提供します。モジュール式のSWASパネルと組み合わせて使用することにより、Memosensセンサは水および蒸気回路の信頼できる安全な監視を実現します。

  • 生産効率、産出量、安全性の向上

  • Memosens:シンプル、防水、高いコスト効率 - プロセス安全性の向上およびシステムダウンタイムの最小限化

  • アナログセンサの後継としてのデジタルセンサ

蒸気発電所の水化学

研磨性、腐食性のある環境における圧力測定

従来のオイル充填メタルダイアフラムセンサはデリケートで、過酷なプロセス条件または低圧アプリケーションでは限界があります。しかし、Ceraphire技術を採用したセラミックセンサを使用することにより、精度、信頼性、長期安定性が向上します。セラミックは世界で最も硬い材質の1つであると同時に非常に高い弾性を有します。摩耗、腐食、交番荷重に耐えるセラミックセルは、研磨性のあるプロセス条件や真空アプリケーションに最適です。

  • 排煙脱硫(FGD)プラントなど腐食性のあるプロセス環境に対する耐性

  • 圧力センサの接液部は完全にメタルフリーで腐食なし

FGDプラントにおけるセラミックセルセンサ技術を使用した圧力測定

利点

発電所の設計、建設、操業、保守において最も重要なのはそれらの作業に従事する従業員の方々の安全です。長年にわたる不適切な操作や保守に起因する機器の故障が災害を招くことがあります。こうした理由からエンドレスハウザーは、あらゆる範囲を網羅するソリューション、技術、およびサービスを提供してお客様のアプリケーション要件を満たします。エンドレスハウザーの製品は、安定した性能と適合性を保証するために最高の品質基準に従って製造されています。

10倍

デジタル機器は機械式メーターより信頼性が10倍向上

"0"    

可動部がなく、密度の変化に影響されない

17年以上

機能安全規格IEC 61508(品質、安全、信頼性)に適合したシステムを17年以上にわたり提供