2 文字以上を入力して検索を開始してください。

メーター交換によるリスクの最小化

老朽化したテクノロジーの最新化により安全性を確保

発電所の環境は往々にして危険を伴うものであり、人々、事業、環境をリスクにさらす多くの潜在的な危険が隠されています。緊急停止による損害または製造ロスは、高コストにつながることを意味します。機械式メーターやその他の旧式テクノロジーを、より信頼性が高くて効率的なシステムに交換するなどの予防措置が、最高のプロセス安全性と性能を確保するためのカギとなります。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

火力発電であれ、複合サイクルガスタービン、水力発電、内燃機関、またはコジェネレーションのプラントであれ、プラントのプロセスを安全に向上させるために、私たちはお客様の既存の機械式メーターやその他の旧式テクノロジーを最適に交換するための業界ノウハウやテクノロジーを提供します。メンテナンスの必要性が少ない計装機器は、エラー発生のリスクが低く、お客様の事業目標が達成しやすくなります。

  • 安全な測定製品ラインナップは、ATEX、FM、日本国内防爆などの国際的な規格に適合

  • IEC 61508 SIL 2に準拠する最先端の技術、安全機器システムの場合は最高SIL 3で冗長化アプリケーションに対応

  • 診断、検証、監視機能を統合:Heartbeat Technologyにより安全なプロセスとプラント操業を保証

  • 統一された操作コンセプトによる単純化、それに伴う運用管理の安全性向上

  • 当社の包括的なサービスと業界ノウハウを活用して、プラントのライフサイクル全体を通して世界中のお客様をサポートします。また、当社は作業員の能力向上に役立つ安全および規格セミナーとトレーニングを提供しています。

アプリケーション

ガスタービン流入口における高精度の直接流量測定

燃料消費量は、プラントの効率と収益に大きな影響を与えます。そのため、天然ガスの流量を正確に測定することが不可欠です。従来のタービン流量計では体積のみが測定されるため、質量または基準体積流量を特定するには別の計器が必要となります。これらの計器の精度は摩耗により、時間とともにドリフトします。そして、定期的なグリース潤滑が必要です。

高精度でコスト削減につながる直接流量測定
この分野の当社の専門知識

タービン流量計をPromassコリオリ質量流量計に交換することで、ガス質量流量の直接測定が可能になります。

  • Heartbeat現場自己診断および検証による信頼性と安全性の向上

  • 多変数のPromassコリオリ質量流量計:圧力、温度、密度の測定および補正のための追加の計器は不要です。

  • 精度が+/- 0.35%に向上したため、ガスの大幅な節減が可能

検出器の交換による放射線源の維持

化石燃料、バイオマス、廃棄物発電のプラントにおける厳しいアプリケーションには、依然としてガンマ放射線式レベル計、レベルスイッチ、密度計に依存しているものがあります。しかし、ガイガーミュラー計数管レシーバを備えた標準的な設備では、放射線量の減少と相対的に低感度のレシーバにより、時間とともに測定性能が低下します。

高感度のシンチレータ式検出器
この分野の当社の専門知識

新しいシンチレータ式の検出器に切り替えることで、既存の放射線源の寿命を延ばすことができます。

  • Gammapilot FMG60などの高感度かつ低い放射場で機能する検出器により、今後何年にもわたって既存の線源を維持することが可能

  • 交換や廃棄のコスト、書類作成がなくなり、リスクが低下

脱硫プロセスにおけるpH監視の容易なメンテナンスと自動化

煙道ガス浄化システムが適切に機能するためには、pH値の制御が非常に重要です。しかし、ガススクラバー内は研磨性が高く、厳しい条件のため、pHセンサの寿命は非常に短くなります。標準的な設備では、頻繁な洗浄と手動校正、および定期的なセンサの交換が必要です。

自動洗浄および校正
この分野の当社の専門知識

Liquiline Control CDC90 pH計測システムなどのスマートシステムでは、センサの洗浄と校正を自動化できるようになりました。

  • 高信頼性かつ一貫して高精度のpH測定とメンテナンスコストの削減を可能にする完全自動洗浄および校正

  • 信頼性の高い測定値、pHセンサの寿命向上を保証

  • 危険な環境でのメンテナンス作業を最小限に抑えることにより、作業の安全性が向上

排煙脱硫(FGD)におけるスラリー密度測定

投入部における石灰スラリーの密度測定は、煙道ガス浄化プロセスの効率化を図るために重要です。特定の濃度に達すると、プロセスから石膏が取り除かれます。研磨性の高い測定物では困難な測定になるため、放射線式測定などの堅牢なソリューションが必要とされます。しかし、高いエネルギー源と旧式の伝送器技術を使用する老朽化したシステムがまだ多数存在しています。安全性および認証に関する懸念から、代替ソリューションの必要性が高まっています。

排煙脱硫(FGD)における密度および流量測定
この分野の当社の専門知識

密度測定には、高感度で安全な新世代の放射線式Gammapilotを使用できます。放射線式測定を採用したくない場合は、Promassコリオリ質量流量計により、密度、質量流量、および温度を同時に測定することが可能です。

  • 高感度で安全、堅牢性が高い最新世代の放射線式Gammapilot により、最大限の測定可用性を確保

  • Promassコリオリ質量流量計は、プラントから放射線源を排除することが可能であり、認証、書類作成、関連するトレーニングが減少

HART® ハンドヘルドコミュニケーターの後継となる次世代のタブレット型パソコン

メンテナンスエンジニアの日常業務の大半を占めているのは、機器の設定です。しかし、ほとんどのハンドヘルド端末は1つのプロトコル(例:HART)に限定され、設定機能しかありません。

次世代のタブレット型パソコン
この分野の当社の専門知識

すべての計装機器を簡単な操作で効果的かつ合理的に管理できる高堅牢性の新しいタブレット型パソコンField Xpert は、現場の生産性と安全性を向上させます。機器の設定と検証が容易で、接続性が向上したため、厳しい環境においても時間とコストの節減が可能です。

  • 使いやすく、タッチ操作に最適化された最新のユーザーエクスペリエンスにより時間を節減

  • 1つの機器でPROFIBUS、Modbus、エンドレスハウザー独自のサービスインターフェイスに対応し、コストを削減。自動ハードウェア検出により、ワンクリックで迅速に機器を接続

  • 信頼性の向上:設定レポートおよびHeartbeat検証レポートの作成、エコー曲線の表示など

放射線源およびレシーバなしでフライアッシュのレベル測定を実現

煙道ガスから微粒子を除去するには、電気集塵装置(ESP)およびフィルタバグハウスのフライアッシュホッパーが満量になったことを示すレベルスイッチが必要です。このために使用する放射線式(ガンマ)測定は、特に低品質の石炭を使用する場合には、よく知られた信頼性の高いソリューションです。しかし、放射線式測定を採用したくない場合には、どのような選択肢があるのでしょうか?

電気集塵装置/フィルタバグハウスのフライアッシュホッパー用静電容量式レベル計
この分野の当社の専門知識

放射線式測定を採用したくない場合は、Solicap FTI77などの静電容量式レベルリミットスイッチに交換することが可能です。

  • プラントから放射線源を排除することが可能であり、調整装入、書類作成、関連するトレーニングが減少。メンテナンスコストの削減

  • 現在、入手可能な最も堅牢性と信頼性の高い静電容量式センサであるSolicap FTI77は、高温および研磨性の高い環境に最適

  • 有効範囲が広く、非常に安定した測定が可能(誤作動なし)

利点

発電所の設計、建設、操業、保守において最も重要なのはそれらの作業に従事する従業員の方々の安全です。長年にわたる不適切な操作やメンテナンスに端を発する機器の故障が事故を招くことがあります。こうした理由からエンドレスハウザーは、あらゆる範囲を網羅する技術、ソリューション、およびサービスを提供してお客様のアプリケーション要件を完全に満たします。エンドレスハウザーの製品は、安定した性能と適合性を保証するために最高の品質基準に従って製造されています。

  • 10倍

    機械式メーターと比べてデジタル機器の信頼性が10倍以上向上

  • ゼロ

    可動部がなく、密度の変化に影響されない

  • 17年以上

    機能安全規格IEC 61508(品質、安全、信頼性)に適合したシステムを17年以上にわたり提供

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

その他の産業