2 文字以上を入力して検索を開始してください。

アナログ導電率センサ
Condumax CLS12

導電率センサ Condumax CLS12 ©Endress+Hauser

液体の導電率は、電極式または電磁式の測定原理を使用して測定できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

電力/エネルギー産業での高温アプリケーションに適した電極式導電率センサ

Condumax CLS12は発電所での蒸気/水の循環プロセスに適した堅牢な導電率センサです。高温/高圧下での低い導電率の測定用に最適化されており、プロセスを付着物や腐食から保護します。メンテナンスと設定が容易であり(大型の接続端子箱)、過酷な環境に対応します。

クイック選択

推奨オプションから選択
  • <%label%>
  • <%feature%>
  • Process Connection
  • <%message%>

または

個別のコンフギュレータ

すべての使用可能なオプションから選択を続行
  • 利点

    • 低導電率の信頼性の高い正確な測定

    • 高圧/高温(最高160 ℃(320 °F))での使用に最適

    • 本体はステンレス製で外側の電極が取外し可能なため洗浄が容易

    • 堅牢設計による高耐久性

    • 個々のセル定数を示す品質証明

  • アプリケーション

    Condumax CLS12は、電力・エネルギー産業での蒸気/水の循環プロセスにおいて導電率を測定します。

    • 復水の監視

    • ボイラー給水の監視

    • ボイラー排水の制御

    本センサは高温/高圧下での低い導電率アプリケーションに使用できます。

    ATEXやFMなどの国際防爆認証を取得する本センサは、危険場所での使用に適しています。

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    電極式

  • アプリケーション

    発電所、濃縮槽、ボイラー水

  • 特性

    純水および超純水の高温アプリケーション用2電極導電率セル

  • 測定範囲

    k=0.01:0~20 µS/cm
    k=0.1:0~200 µS/cm

  • 測定原理

    表面仕上げステンレススチール電極の導電率セル

  • 構造

    測定物がセル内を速やかに流れるようにするために同軸上に配置した大きい電極

  • 材質

    電極:ステンレス1.4571
    シール:PEEK/EPDM

  • 外形寸法

    電極径:25 mm(0.98 inch)
    浸漬長:50~115 mm(1.97~4.53 inch)

  • プロセス温度

    -30~+160 °C(-22~+320 °F)

  • プロセス圧力

    最大4 MPa、最高100 °C(最大580 psi、最高212 °F)、CLA 751流通ホルダなし
    最大1.2 MPa、最高150 °C(最大174 psi、最高302 °F)、CLA 751流通ホルダあり

  • 温度センサ

    内蔵 Pt100

  • 防爆規格適合証明書

    ATEX

  • 接続

    プロセス接続:変換器のG1"およびNPT1"固定ケーブル

  • 保護等級

    IP67

  • 追加認証

    セル定数付き校正証明書

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification