安全な飲用水のための膜ろ過水処理

圧力と流入口の品質管理の改善により、膜ろ過による水処理の効率が向上

海水の脱塩、廃水の再利用、その他の最新の水管理プロセスでは、膜ろ過水処理技術が使用されています。ろ過システムの洗浄サイクルを延長する一方で、回復不可能な隔膜の目詰まりや損傷を防止することが、この技術を使用する上での課題となっています。エンドレスハウザーが提供する高精度の監視システムにより、プラント事業者は膜ろ過システムのリスクを軽減すること、可用性を最大化することが可能です。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

当社の製品およびサービスのラインナップは、膜ろ過水処理操作における安全性と信頼性の最適化に寄与します。機械的保護のモニタリングは、主に圧力と差圧によって行われます。基本的なプロセスパラメータとして流量が使用されます。流入口での精度の高い品質監視により、剥離や付着物の形成が大幅に減少します。

  • 高精度の圧力測定による最適な膜保護

  • 流入口での品質モニタリングによる洗浄サイクルの延長

アプリケーション

最適な圧力測定

膜ろ過水処理システムは、圧力ピークに起因する損傷や摩耗に対して脆弱です。このような圧力ピークは予測が困難です。したがって、圧力機器には高い過大圧耐性が必要とされ、長期的に信頼性の高い測定値を迅速に提供できなければなりません。

最適な圧力測定
この分野の当社の専門知識

流入口エリアにおける当社の堅牢性の高い圧力測定ソリューションにより、プラント管理者は、ろ過がうまく機能しているか確認できます。そして、最も重要な点として、フィルターの損傷を防止するために圧力ピークの迅速な検出が可能です。

  • 最先端のテクノロジーを使用して圧力ピークを予測可能

  • 過大圧に迅速に反応してフィルターの損傷を防止

  • エンドレスハウザーのインストールベースの利用により、必要なスペアパーツを削減

堅牢性の高い流入口品質監視

流入口の品質を管理することで、洗浄サイクルを延長できます。流入口品質の管理には、pH、濁度、塩素、SAC、導電率、ORPといった複数のパラメータが使用されます。高品質な流入口測定値を得るための一般的な要件は、長期信頼性、メンテナンスの手間が少ないこと、センサの校正や記録が容易なことです。

堅牢性の高い流入口品質監視
この分野の当社の専門知識

バイパスラインに設置されるエンドレスハウザーの水質分析パネルは、個別にカスタマイズ可能であり、設定と操作が容易です。当社のデジタルMemosensセンサが、容易な校正と記録をサポートします。

  • 流入口の品質管理モニタリングをお客様固有のパラメータに合わせてカスタマイズ

  • センサの校正と記録が容易

膜ろ過の特徴

膜ろ過 ©Endress+Hauser

利点

エンドレスハウザーの幅広い製品ラインナップ、およびお客様の施設のデジタル化の第一歩となるMemosensなどの革新的な技術により、各種の測定パラメータを有する複雑なアプリケーションを単純化できます。これにより、お客様の膜ろ過水処理プロセスの可用性と品質を向上するだけでなく、メンテナンスと校正にかかる費用を削減します。

  • 40%

    耐用年数を向上させるMemosensセンサ

  • 250,000

    世界のあらゆる場所、地域で活用されているMemosensセンサ

  • 1000万台

    全世界で導入実績

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

当社製品ラインアップをご確認ください