エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

製品ツール

製品およびサービスに関するお問い合わせ

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ
脱塩プラントの逆浸透膜スキッド

膜ろ過水処理の効率を向上

膜ろ過ベースのプロセスにおいては品質と可用性を維持するために緊密なモニタリングが必要です。

海水の脱塩、廃水の再利用、その他の最新プロセスでは、膜ろ過水処理技術が使用されます。これらの技術は、非常に信頼性が高いことが証明されており、市販品に実装される機会も増えてきました。経済的な面から見た膜ろ過技術の目的は、不可逆的な膜の詰まりや損傷を防ぎつつ、ろ過システムの洗浄頻度を低減できる適切なバランスを見つけることです。

8,680万

立方メートルの淡水

世界中の淡水化プラントでは1日当たり8,680万立方メートルの淡水が生産されています。国際淡水化協会(IDA)によると、3億人以上の人々がこの水に頼っています。

More facts about desalination from the IDA

エンドレスハウザーの提供するサービス

膜ろ過水処理システムでは、製品の安全性と信頼性が2つの大きな目標となります。機械的保護は、主に圧力と差圧によってモニタリングされます。基本的なプロセスパラメータとして流量が使用されます。流入口で品質を高精度にモニタリングすることによって、剥離や付着物の除去プロセスを軽減することができます。

  • 高精度な圧力測定

  • 流入口での品質モニタリング

膜ろ過の特徴

  • 膜ろ過 ©Endress+Hauser

膜ろ過プロセスの最適化

圧力測定は膜の保護に不可欠です。

流入口エリアでの圧力測定は、ろ過が十全に実行されていることの確認と、フィルターの損傷を防ぐための圧力ピークの迅速な検知のために重要です。この用途の圧力測定機器は、高い信頼性のもとで長期にわたって測定でき、変動を低く抑えるものであることが必要です。圧力ピークの発生する可能性があるので、高い耐過大圧特性が求められます。インストールベース内のスペアパーツ要件を下げることも有益です。プロセス内の圧力測定ポイントの数が多いからです。

膜ろ過装置内の圧力変換器

流入口制御をお客さまのニーズに合わせてカスタマイズ

流入口品質の制御には、pH、濁度、塩素、SAC、導電率、ORPといった複数のパラメータが使用されます。高品質な流入口測定値を得るための一般的な要件は、長期信頼性、メンテナンスの手間が少ないこと、センサの校正や記録が容易なことです。エンドレスハウザーの個別にカスタマイズ可能な水質分析パネルは設定と操作が容易で、バイパスラインへの設置に適しています。また、当社のデジタルMemosensセンサ技術により、校正や記録も容易です。

フィルタの損傷を防ぐためには、流入口品質の厳密なモニタリングが必要です。

利点

エンドレスハウザーの幅広い製品ラインナップ、およびお客様の施設のデジタル化の第一歩となるMemosenseなどの革新的な技術により、様々な測定パラメータを持つ複雑なアプリケーションを単純化できます。これにより、お客様の膜ろ過水処理プロセスの可用性と品質を向上するだけでなく、メンテナンスと校正にかかる費用を削減します。

40%

耐用年数を40%向上させるMemosensセンサ

250,000台

世界のあらゆる場所、地域で活用されているMemosensセンサ

1000万台

世界中に1000万台以上の機器の導入実績