2 文字以上を入力して検索を開始してください。

デジタル非ガラスpHセンサ
Ceramax CPS341D

Ceramax CPS341D - 過酷なプロセス条件に対応するMemosensエナメルセンサ ©Endress+Hauser
Ceramax CPS341D - 壊れにくく食品アプリケーションに最適 ©Endress+Hauser
Ceramax CPS341D - 長年にわたる長期安定性を確保 ©Endress+Hauser
Ceramax CPS341D - pH感応エナメルコーティングの詳細 ©Endress+Hauser

液体のpH値は、電位差測定原理を使用して計算できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

Memosensは、測定値をデジタル信号に変換し、非接触接続で変換器に伝送します。Memosensによるプロセス制御とメンテナンスの最適化については、こちらの動画をご覧ください。

食品およびライフサイエンス産業向けのMemosensエナメル電極

Ceramax CPS341Dは、食品&飲料産業およびライフサイエンス産業のサニタリアプリケーションに最適な長寿命センサです。ほぼノーメンテナンスで長期的な安定性を提供します。CPS341DはMemosensデジタルセンサ技術により、プロセスとデータの整合性を最大限に高めるとともに、操作も容易です。腐食や結露に耐性があり、ラボでの校正やメンテナンス予測も可能です。

クイック選択

推奨オプションから選択
  • <%label%>
  • <%feature%>
  • Process Connection
  • <%message%>

または

個別のコンフギュレータ

すべての使用可能なオプションから選択を続行
  • 利点

    • 長年にわたる長期安定性を確保

    • サニタリ設計:CIP(定置洗浄)およびSIP(定置滅菌)に対応

    • ステンレスシャフト上にpH感応エナメルを塗布した電極のため高い機械的安定性を確保

    • pH測定面が広く汚れの影響を受けにくい

    • 非接触式の電磁誘導信号伝送により最大限のプロセス安全性を確保

    • センサおよびプロセス特有のデータをセンサ内蔵メモリに記録することによりメンテナンス予測も可能

    • プロセスのダウンタイムを最小化し、長いセンサ寿命によりランニングコストを削減

  • アプリケーション

    • 食品の製造、および粘度の高いペースト状の測定物

    • 飲料の製造および充填

    • ライフサイエンス産業:
      - 水処理
      - 活性剤の製造
      - 活性剤の調合
      - バイオテクノロジー

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    ガラス電極

  • アプリケーション

    食品製造、飲料製造、品質管理、医薬産業、バイオテクノロジ

  • 特性

    デジタルMemosensテクノロジを搭載したpH感応エナメル付き電極
    測定精度、圧力、温度、殺菌、耐久性などの要件の厳しいアプリケーションに適合

  • 測定範囲

    pH -2~+14

  • 測定原理

    グランドジョイントダイアフラム、リファレンス KCl溶液補給型

  • 構造

    1つのシャフト長のみ、各種サニタリプロセスコネクタ
    内蔵温度センサ

  • 材質

    エナメル

  • 外形寸法

    口径:12 mm(0.47 inch)
    シャフト長:120 mm(4.72 inch)

  • プロセス温度

    0~140 °C
    (32~280 °F)

  • プロセス圧力

    絶対圧0~700 kPa
    (0~101.5 psi)

  • 温度センサ

    NTC 30K

  • 接続

    非接触、電磁式、Memosensテクノロジのデジタル接続ヘッド

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification