SmartBlue対応機器

離れた場所から測定値、設定パラメータ、診断情報にアクセス

エンドレスハウザーのBluetoothを搭載したしたフィールド機器とSmartBlueアプリを接続すれば、フィールド機器に近付かなくても、測定値や設定パラメータの確認、変更、診断情報へのアクセスや点検レポートの作成など、フィールド機器が持つ様々な機能を利用することが出来ます。Bluetoothオプションを搭載した機器は、レベル計、流量計、水質分析計など主要な機器で対応しています。今後も温度計や圧力計など、様々な機器に拡充予定です。

※Bluetooth対応機器がリリースされましたら、このページに追加していく予定です。

利点

  • 水質分析計:いつでも、どこでも校正が可能

  • 電磁流量計:離れた場所からでも設定が可能

  • 音叉式レベルスイッチ:振動周波数の監視、点検レポートの作成

  • レーダーレベル計:測定状態をリアルタイムに観測

水質分析計:いつでも、どこでも簡単に操作が可能

©Endress+Hauser

水質分析計 CM82 は、pH、ORP、導電率、および溶存酸素測定用の Memosensセンサに対応する最小サイズ変換器です。従来のような据置型変換器の設置が不要なため、設置作業時間を大幅に短縮できます。

同じく、Memosensセンサに対応する水質分析計 CML18は、どこへでも持ち運びが可能なハンドヘルド型のマルチパラメータ変換器です。

電磁流量計:離れた場所からでも機器設定が可能

©Endress+Hauser

電磁流量計 Picomag は、ポケットサイズのシンプル、高信頼性、メンテナンスフリーなIO-Link対応電磁流量計です。視認性の高い大型カラーディスプレイにより、流量、温度、導電率、積算値を素早く読み取り可能。取付位置に応じて画面が自動的に回転するため、最適な視認性を確保します。

音叉式レベルスイッチ:振動周波数の監視、点検レポートの作成

©Endress+Hauser

音叉式レベルスイッチFTL51BとSmartBlueを組み合わせると、測定物を検出するための音叉部の振動周波数をいつでも監視が可能です。また、Heartbeat機能をSmartBlueから利用が出来ますので、機器の点検レポートもSmartBlueのウィザード機能を使って、簡単に作成することが出来ます。点検レポートには過去8回分の点検レポート作成時の振動周波数が記録されますので、腐食や付着の傾向を把握出来ます。

レーダーレベル計:測定状態をリアルタイムに観測

©Endress+Hauser

Bluetoothオプションを搭載したレーダーレベル計とSmartBlueを組み合わせると0%位置と100%位置の設定(0点設定、スパン設定)やマッピングをいつでも簡単に行うことが出来ます。また、測定に利用している電波の反射状態を反射波形観測ツールから確認が出来、静止画、動画としても保存が出来ますので、異常発生時の機器の分析やアンテナの点検が必要かの判断を行うことが出来ます。