コスト効率の高い鉄鋼生産

インテリジェントな計装およびプロセスソリューションの採用により製鋼コストを最適化

鉄鋼市場の競争が激化しているため、工場経営者にとってコスト効率は最優先事項の1つとなります。そして、エネルギー費用は総コストの最大40%を占める場合があることから、エネルギー消費にはコスト最適化の多大な可能性が秘められています。たとえば、ユーティリティ、あるいは「W.A.G.E.S.」(水、空気、気体、電気、蒸気)について考えてみます。製鋼産業のユーティリティ費用は、米国ではプラント収益の3%以上、ヨーロッパでは収益の6%以上に相当します。

製鋼プロセスの最適化

溶鉱炉、転炉または電気アーク炉の性能を高めるため、さまざまな重要なパラメータを厳密に監視する必要があります。信頼性および精度の高い測定が実現することにより、厳密なプロセス制御とそれによるエネルギー使用量の最適化が約束されます。また、アルゴン、圧縮空気、蒸気の最適な使用も重要です。これらは、プロセスの結果に直接的な影響を及ぼすため、エネルギーの使用量にも影響します。

  • プロセス制御を向上させるための高精度測定

  • ユーティリティ、または「W.A.G.E.S.」(水、空気、気体、電気、蒸気)の優れた管理

  • インダストリアルIoT(IIoT)対応の機器

コスト最適化の方法

鉄鋼生産プロセス ©Endress+Hauser
鉄鋼生産の転炉 ©Endress+Hauser
電気アーク炉 ©Endress+Hauser

エンドレスハウザーのサポート体制

蒸気パイプの流量測定

W.A.G.E.S. が問題となる理由

一般的に、プラントの電気の10%は圧縮空気を生成するために消費され、天然ガスの40%は蒸気を作るために使用されます。「W.A.G.E.S.」測定は、あらゆるエネルギー管理計画のベースとなります。エネルギー管理はデータの測定と収集、レポートのためのデータ分析から成ります。分析結果に基づき、ユーティリティ消費とコストを削減するために適切な措置を講じることができます。

フィールドネットワークエンジニアリングのすべて

IIoTに向けて一歩前進

デジタルフィールドバスネットワークは、フィールド機器を制御およびメンテナンスシステムに接続します。Heartbeat technologyを搭載したスマートセンサとの組み合わせにより、機器の検証、高度なプロセス診断、コンディションモニタリング機能が使用できます。これは、プロセス全体の制御性の向上をもたらすとともに、効率と製品品質を保証するためにマネージャーが正しい決断をするための手助けとなります。

  • 組立て、配線、システムエンジニアリングを含む全面的なプロジェクト管理

  • 診断機能を備えたスマートセンサ

  • 設置された機器に関する情報に簡単にアクセスし、さらに機器ドキュメントに自動でアクセスするためのウェブベースツール(W@Mポータル)

当社製品ラインアップをご確認ください

利点

エンドレスハウザーは完全なラインナップのプロセス計装、専用のオートメーションソリューション、包括的なサービスを提供し、製鉄所の全ライフサイクルにわたってサポートします。最も厳しい環境下を含めた60年以上にわたる業界での経験により、エネルギー消費とコストを削減するために、インテリジェントな測定センサを組み合わせる最適な方法について従業員たちは貴重な提案をすることができます。

  • 33%

    当社のインテリジェントな計装とソリューションにより、圧縮空気コストの33%を節減できます。

  • 1~2年

    エネルギー費用の削減により、当社の蒸気監視ソリューションは約1~2年で投資回収ができます。

  • 55,000

    65のデジタル最適化プロジェクトに55,000台のスマートセンサが採用