2 文字以上を入力して検索を開始してください。

化学プラントにおけるMROの最適化

効率性を維持すると同時にプロセスの可用性と信頼性に関する目標値を達成します。

MROは往々にして課題となり、高コストになると考えられます。しかし、装置の信頼性を維持するには部品の在庫が必要になります。エンドツーエンドプランニングの統合、物理的資産の信頼性と可用性の向上、在庫の最適化、効果的な支出管理の実現といったものが課題として挙げられます。エンドレスハウザーは、独自の方法でお客様の化学プラントのMRO最適化をお手伝いします。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

エンドレスハウザーは、お客様の業務プロセスと統合でき、エラーやコストの低減を実現する、効率的かつ効果的なペーパーレスのアセットマネジメントソリューションを提供することで、お客様のMROプロセスの最適化をお手伝いします。当社のMROエキスパートが、安全性や効率性、メンテナンスコストに関し大きく改善が可能な部分を特定します。以下の実証された方法により、お客様のワークフロー最適化を支援します。

  • ワークショップの実施を通じた業務プロセスのコンサルティング:現在の状況(As-Is)を詳細に調査することにより、改善の可能性を発見します。これらの改善点や新しいソリューションを用いて、改善された状況(To-Be)を策定します。

  • 校正作業の最適化:当社の校正周期最適化サービスは、慣例ではなくデータに基づいた科学的手法により最適な校正周期を提案します。

アプリケーション

業務プロセスのコンサルティング

効率的なプロセスの最適化やプロジェクトの成功は、理論的なものだけではなく、人々の考え方や働き方によってももたらされます。そこで、私たちは一般的な業務プロセス管理モデルに基づいて、全般的なプロセス産業に適した標準サービスを開発しました。化学プラントのMROを最適化する当社のソリューションは、お客様が的確な判断をするためのお手伝いをします。

業務プロセスのコンサルティングがMROプロセスの最適化に役立ちます。
この分野の当社の専門知識

業務プロセスワークショップでは、エンドレスハウザーは全てのステップにおいて業務内容の定義化をサポートします。「As-Is」分析は実際の状況を表しています。このステップは、現在の状況から新しい状況になった場合の影響の変化を理解するために必要です。「To-Be」状況にはプロセスの説明、新しいシステムの構造、関連するワークフロー、異なるシステム間の情報交換が含まれます。それは、現実的で最も可能性の高いソリューションであることを示しています。

  • それにより、必要な「鎮痛剤」が何であるか、そして、必要な行動を実行した場合に何が達成できるか、誰もが理解できるようになります。

  • 包括的なドキュメントは、資本回収計画および/または節減の可能性を示します。その結果は、購入を保証するために、お客様の出資者や経営陣に示されます。

  • この方法は、化学工業を含むさまざま産業において70件以上の導入実績があります。改善勧告の構造的アプローチと明確な段階的実施計画により、成功が持続します。

校正周期の最適化

現在、ほとんどの化学メーカーの校正周期は、任意に設定された期日に基づいています。これにより法的義務を果たすことは可能ですが、機器の校正頻度が多すぎたり少なすぎたりして、リソースの浪費やリスクの増大につながります。これまで、校正は多くの場合、年1回の運転停止に合わせて予定されていました。これは都合の良い方法ですが、ILACなどの主要機関は、信頼性を担保できないため、レヴューを伴わない一律の校正周期を推奨していません。

校正周期の最適化により、化学プラントにおけるMROプロセスが改善します。
この分野の当社の専門知識

当社のサービス製品である校正周期最適化(CIO)は、科学的に実証された方法を用いて、次の最適な校正日を計算します。この方法によれば、ドリフト、リスク等の問題を考慮した上で、プロセスのニーズに合わせた校正周期の最適化が実現します。これにより運転効率を高めると同時にメンテナンスの予算目標達成が可能になります。また、すべての機器に対し正確に必要な回数校正が行われるため、リスクが最小限に抑えられます。CIOにより、以下が実現します。

  • 校正周期の延長によるコスト削減(可能な場合)

  • 校正周期の短縮によるリスク軽減(必要な場合)

製造プロセスの可用性の向上

MRO最適化ステップの図 ©Endress+Hauser

実績のあるプロセスワークショップのステップに従って、MROワークフローを改善し、時間とコストを節減することが可能です。

校正周期最適化、CIO ©Endress+Hauser

校正後に計算が行われ、次回の最適な校正時期が算出されます。この手順により、ドリフトを早期に検出できる校正プログラムが実現します。

校正間隔の最適化

当社の経験によれば、最適な校正周期で管理されている機器はわずか20%です。校正周期の67%は大幅な延長が可能で、非常に大きなコスト削減の可能性があります。

     

  

利点

お客様の成功がエンドレスハウザーの主な目的です お客様のメンテナンス目標がいかに困難であろうとも、当社のエキスパートが最適化をサポートします。エンドレスハウザーは、継続的に実践可能な現状把握プログラムを導入することにより、お客様の製造プロセスにおける可用性と信頼性の向上という目標の達成をお手伝いします。

  • 67%

    現状の校正周期の67%を延長することが可能です。

  • 50%

    継続的余剰在庫削減プログラムより、在庫が50%減少します。

  • 25%

    実証された方法に基づく非常にバランスの良いMRO最適化戦略により、稼働時間が25%改善します。

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

その他の産業