2 文字以上を入力して検索を開始してください。

旧式の機器は最新技術より高コストです。

新技術を採用することで、長期的な精度の安定性およびプラント可用性の向上、メンテナンスコストの削減が可能になります。

旧式の技術では、生産効率とプラント可用性の両方が損なわれる可能性があります。機械的な原理を採用した従来の計測技術は、これに相当する最新式のものと比較して精度が低く、製品品質を保持するためには高いレベルのメンテナンスが必要とされます。今、従来の機械式機器を更新するための投資は、長期的に見れば、生産性の向上とメンテナンスコストの削減の両方においてメリットをもたらします。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

エンドレスハウザーの最新技術をご採用いただければ、プロセスやアプリケーションを問わず、高精度測定を実現、生産性やコスト削減の目標達成、、メンテナンスならびに校正やプルーフテストによるダウンタイムの削減が可能です。さらに、当社の営業およびサービスチームは、旧式の機器を適切な機器に更新するための選定からカスタマイズされたメンテナンス提案まで、世界中でエンドツーエンドでサポートしています。

  • Heartbeat Technologyにより、インラインでの安全な洗浄と校正、自己診断およびプルーフテストの容易な実行が可能です。

  • 計画外のシャットダウンを防止するための高度な診断機能

  • モバイル機器によりRFIDタグを読み取ることでアセット情報に迅速にアクセスし、現場で必要なデータをすぐに入手することが可能です。

  • メンテナンスの用途に焦点を絞った信頼性の高い統一されたプラットフォーム設計

  • 信頼性の高いデータを提供しプロセスの安全を実現する本質安全設計の高精度でアプリケーションに最適な機器

アプリケーション

重合反応における粘度の効率的な測定

粘度は重要な流体特性であり、重合プロセスにおける基本的な測定パラメータです。この変数を製品品質の指標とすることができます。機械的な原理を採用した従来の粘度計では、フィルタの清浄等、製造を継続させるために定期的なメンテナンスが必要です。

重合反応における粘度の効率的な測定
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーのコリオリ式Promass I流量計は、従来の機械式機器に比べてオペレーションコストが削減でき、信頼性の高い計測を実現するなど数多くのメリットがあります。

  • フィルタが不要になり、プラントの安全を確保しながら連続運転が可能になることでメンテナンスの時間とコストの大幅な削減が実現します。

  • 1つの計測ポイントで製品品質の最適化が可能になります。流量、密度、温度、粘度のインライン多変数測定が可能

  • ストレートシングル計測チューブ構造により圧力損失を最小化

センサ寿命の延長

オレフィンの冷却工程において、冷却水のpH値を一定間隔で測定することは、タワー底部の汚れ防止に大きな役割を果たします。これには、最低2日に1回センサの洗浄が必要であり、時間と多大な労力を必要とします。洗浄を実施しなかった場合は、2週間ごとにセンサを交換する必要性が生じる可能性があります。

センサ寿命の延長
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーのLiquiline CDC90により、センサの寿命を30倍以上延ばすことができます。

  • 電極の取外しが不要なインラインでの自動洗浄および校正により時間を節約

  • センサの状態チェック機能などの自己診断システムにより効率化を促進

  • プロセス液の処置が不要になるため作業員やプロセスの安全性が向上

計画外停止の防止

オレフィンの精留工程において高温環境下で旧式の磁気式レベルゲージを使用した場合、測定の信頼性が下がり安全性が低下する可能性があります。さらに、温度が高くなりすぎると、計画外の運転停止が発生することがあります。

計画外停止の防止
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーのLevelflex FMP51ガイドレーダー式レベル計は安全で信頼性の高い精留プロセスを実現します。

  • Time-of-Flight(飛行伝播時間)原理による計測技術は、高温条件下においても信頼性の高い継続的な遠隔レベル監視を可能にします。

  • 固着による誤検出によって計画外の停止が起こることを防止します。

  • 1 out of 2 の安全計装システム(SIS)を採用すれば更に安全性が向上

お客様の選択肢

メンテナンスコストを削減するためのポイントをご紹介します。

化学工業におけるバッチリアクターのプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

最新技術により、重合反応器の制御が可能です。 >>> Applicatorへ

エチレン精製のプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

エチレン精製工程を刷新することで、信頼性の高いデータに基づくスムーズなプロセスが可能になり、生産性が向上するとともに計画外停止を防止できます。

オレフィンクエンチタワーのプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

クエンチ水のpH測定において信頼性の高いデータを得るには、最低2日に1回のセンサ洗浄が必要であり、時間と作業員の労力を必要とします。

オレフィン精製における分離のプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

プロセス制御の能力が低いと、分離精度が低下します。例えば、旧式のテクノロジーを使用したレベル計は、リモート制御できません。

当社のエキスパートにご相談ください。

「私の経験から、総保有コストを削減したい場合は、少なくともメンテナンスコストを削減する必要があります。」

Gustavo Stasiejko

Industry Development Manager, Endress+Hauser Group Services AG

利点

お客様との長期に渡るお取引により、エンドレスハウザーは化学工業のアプリケーションに関するノウハウを60年以上に渡って蓄積することができました。エンドレスハウザーはお客様の利益を第一に、適切なセンサ選択からメンテナンスコンセプトに至るまで、必要なサポートを確実に提供します。グローバルに展開するエンドレスハウザーのエキスパートによるサポートが、お客様の成功をお約束します。

  • 13,000

    13,000人の従業員が世界中で活躍

  • 年間最大13万ユーロ削減

    工場内に10カ所の計測ポイントがあると仮定した場合、エンドレスハウザーのLiquiline自動洗浄および構成システムを採用すると、pH電極のメンテナンス費用を最大で年間13万ユーロ削減できます。

  • 650,000台以上

    導入実績のあるコリオリ流量計

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

その他の産業