アナログ導電率センサ
Indumax CLS52

Indumax CLS52 ©Endress+Hauser
Indumax CLS52 ©Endress+Hauser

液体の導電率は、電極式または電磁式の測定原理を使用して測定できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

サニタリおよび滅菌アプリケーションに適した電磁式導電率センサ

Indumax CLS52電磁式導電率センサは食品・飲料産業の製品およびプロセスを保護します。ステンレス製の温度センサを備え、温度応答性が大幅に高速化されたため、液種判別アプリケーションに最適です。

  • 利点

    • 速い温度応答性

    • サニタリデザインにより汚染を防止

    • CIP(定置洗浄)およびSIP(定置滅菌)に対応

    • 封入型センサ設計による低い汚染リスク

    • 低い汚染リスク

  • アプリケーション

    Indumax CLS52は、以下のような速い温度応答性が求められる食品・飲料アプリケーションに最適な電磁式導電率センサです。

    • 再調合におけるアルカリ/酸の濃度制御

    • 配管内の製品/水および製品/製品混合物の相分離

    • ボトル洗浄システムの監視と制御

    • 醸造所、乳製品工場、飲料産業の製品監視

    • CIPシステムの制御

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    電磁式

  • アプリケーション

    食品、製薬

  • 特性

    導電率、濃度制御、CIP制御、洗浄および液種判別用サニタリ仕様の電磁式導電率測定セル。

  • 測定範囲

    0 - 2000mS/cm

  • 測定原理

    電磁式導電率測定

  • 構造

    サニタリ仕様電磁式導電率セル、外部温度センサ付き、すばやい温度読み取り対応。

  • 材質

    センサ:PEEK
    熱接点ナット: ステンレス 1.4435
    シーリング: ケムラッツ

  • 外形寸法

    コイル: 外径: 約 47mm、内径: 約 15mm

  • プロセス温度

    最高 125°C (短時間では最高 140°C)
    最高 257°F (短時間では最高 284°F)

  • プロセス圧力

    最大 1.6 MPa (90°C)
    最大 232psi (194°F)

  • 温度センサ

    熱接点ナット内蔵 Pt100

  • 防爆規格適合証明書

    ATEX

  • 接続

    プロセス接続: ミルクカップリング、クランプ、ネジ 1.5"、バリベント、APV、Perlick、SMS ケーブル:固定ケーブル接続。

  • 保護等級

    IP67

  • 追加認証

    校正証明

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification