RN221N
アクティブバリア。オプションで HART® 診断機能付き。

アクティブバリア RN221N ©Endress+Hauser
アクティブバリア RN221N ©Endress+Hauser

4~20mAの電流信号回路の安全な絶縁分離ができる、電源機能を持つアクティブバリア

アクティブバリア RN221N は、変換器等へ電源を供給(危険場所にも対応)し、絶縁分離した信号を伝送します。また、オプションで HART® 診断機能による変換器モニタリングも可能です。 エラー発生時にはRN221Nが警報を送信します。これにより、一時的なエラーの発生場所も簡単に特定できます。

  • 利点

    • 広範囲な電源供給に柔軟対応

    • コンパクト DIN レールハウジング

    • 国際防爆認定, 船級認定

    • 双方向 HART® 対応。 HART® センサセットアップ用の通信ソケット付き。 HART® プロトコルにより、接続している変換器のステータス情報を評価。

    • プライマリまたはセカンダリマスタの動作モードを自動選択

    • 早期警告システムによるセンサの監視

    • リレー接点の手動または自動リセット

  • アプリケーション

    • 4 ~ 20mA 電流回路を絶縁

    • ループ電源供給

    • 2 線式変換器に電源を供給

    • 早期警告システムによりスマート変換器の監視

    • 危険場所対応の本質安全センサ電源