エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ
水力発電所

水力発電所の安全性を確保

一般的に、溢れのリスクは不十分な計画、予期せぬ自然災害、機器の故障などにより生じます。

水力発電は運用開始当初から信頼性と持続可能性に優れたクリーンなエネルギー供給源として高く評価されており、水により生成されるエネルギーの供給量は世界全体のエネルギーの約4分の1を占めています。最も優れたメリットの1つとして、水力発電所を電気エネルギーの貯蔵に使用できるという点があります。ただし、大規模なダムの建設には、地域生物の生態系や生息環境への影響、予期せぬ事故が発生した場合の甚大な被害など、多くの懸念事項が付随します。

200 年

が水力発電所の寿命です。
水力発電はすべての再生可能エネルギーの最大の貢献者です。初期建築コストは高額になりますが、豊富な低コストの電源を供給します(適用可能な場合)。

水力発電所

エンドレスハウザーの提供するサービス

すべての水力発電所が環境面および技術面における課題に直面しています。プラントの設置場所に関係なく、機械を収納する部屋では高い相対湿度や湿気に対処し、酸性を帯びた水や、細菌、砂、堆積物などを含んだ水を処理する必要があります。当社のエンジニアリング、営業、サービスの各スタッフは、想定されるあらゆる状況下での発電に関する豊富な知識と経験を備えており、お客様の環境に合わせて最適なソリューションをご提案できます。

  • プロセスオートメーションによる業務の簡素化

  • 効率性と機能性の点から性能を最適化

  • テクノロジと機器の標準化

  • 水力発電所への最新設備の導入

  • 運転ライフサイクル全体におけるサポート

水力発電所のプロセス

  • 水力発電所のプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

主要なアプリケーション

タービン、発電機、シャフトのベアリング

プラントを正常に稼働させるには温度測定が不可欠です。ベアリングに高温箇所が存在する場合はそれを特定し、適切な処置を講じて摩擦や摩耗による熱損失や機器の損傷を防止する必要があります。このような場合、どのように対処できるでしょうか?当社のiTHERM® StrongSens RTDセンサテクノロジをお勧めします。

  • 優れた耐振動性(> 60g)でプラントの高い安全性を確保

  • メンテナンスおよびダウンタイムの削減

タービン、発電機、シャフトのベアリングの温度測定

速度およびブレーキ制御システム

加圧空気/加圧油タンクのレベル測定により、発電所全体の損傷につながるタービンの回転速度超過を防止します。レベルを測定するには、差圧伝送器、タンクに直接取り付けるガイドレーダー、またはバイパスチャンバに取り付けるガイドレーダーを使用します。油を洗浄して漏れを検知し、システムの正常な機能を確保する必要があります。油圧を監視するには、どのような方法があるでしょうか?

  • 4 MPaG(600 psig)の上昇に対応する信頼性の高い圧力伝送器

  • 結露に強い密封型Contite測定セル(Deltapilot製品群)

  • タンク形状の影響を受けない安全性と信頼性の高い測定機能(Liquicap製品群)

加圧空気/加圧油タンクのレベル測定

伝導棒、サイリスタブリッジの高電圧エリア

高電圧エリアの高周囲温度は危険性が高く、継続的に監視する必要があります。安全措置として火災検知器を設置する必要があります。Omnigradは、火災検知専用の周囲温度計であり、ヘッド部分に温度変換器を組み込むことができます。

  • 危険場所で使用する場合の保護タイプ:本質安全(Ex ia)および火花なし(Ex nA)

  • ユーザー固有の挿入深さと可変プロセス接続による高い柔軟性

高電圧エリアの高周囲温度測定

排水ポンプ

排水ポンプを制御するレベル計にエラーが発生した場合、これは水位の上昇を示しており、最終的には溢れが発生する可能性があります。したがって、水位、溢れ、排水の各アラームが不可欠です。一般的にはフロートまたは導電率レベル計が使用されますが、これらは湿度や腐食性が高い環境では故障する可能性があります。このような場合、超音波式または静圧式のレベル計(Waterpilot) が適切な選択肢になります。

  • 独特な耐結露Contiteセルにより最高のプラント安全性を提供

  • 溢れ防止機構の実装により、タービンを駆動させたまま取水ゲートまたはヒルトップバルブを自動的に閉鎖

排水ポンプに取り付ける超音波式レベル計

サージタンク

サージタンクの主要な目的は急激な流速変化による圧力変動を制御することです。製品の濃度と品質を一定に保ち、また、製品の生成速度要件を継続的に満たすために、タンクのレベルリミットで作動する必要があります。したがって、レベル測定精度については厳しい要件が求められます。当社のエキスパートがお客様の重要なチェックポイントに応じた最適なソリューションをご提案させていただきます。

  • 過大圧耐性に優れた堅牢な高純度セラミックセンサ

  • 温度影響を考慮した密度補正により最高水準の測定精度を実現

  • リミット値の監視およびリレーの切替えが可能。アナログ出力を使用して、プロセス信号を再伝送できます。

  • SIL2認証(オプション)

エンドレスハウザーによるサージタンクのレベル測定

利点

高度なトレーニングを受けた当社のサービス/営業スタッフが、お客様とご一緒に最新の測定技術やオートメーションを導入した場合の安全性/効率性の向上やダウンタイムの短縮などのメリットを評価させていただきます。計装以外の分野においても豊富な経験とスキルを備えた当社のプロジェクト管理/エンジニアリングスタッフが、最初からプラントの改善にご協力させていだきます。

10年以上

エンドレスハウザーは、設置容量14500 MW以上のプロジェクトエンジニアリングなど、水力発電プロジェクトにおいて10年以上の経験があります。

ワンストップサプライヤ

当社はワンストップサプライヤとして、ローカルサービスやプロジェクト管理のあらゆるニーズに対応する豊富な計装製品ラインアップをご用意しています。