製油所の最適化

最先端の測定と自動化により、製油所の性能と効率を安全に引き出す

最新の市場ニーズや法規制の要求に応えるために製油所を最適化することは、今日の石油産業にとって重大な課題になっています。また、環境基準により、新しいプロジェクトはより高コストで複雑になります。すべての操業において、NOx等大気への汚染排出を削減する必要があるため、コストをかけて既存の設備を改修しなければなりません。低硫黄燃料の需要増加により、その製造に必要な水素が重視されるようになっています。また、競争圧力の高まりは、高い性能とともに最大限の安全性と製造の柔軟性を要求します。

エンドレスハウザーは、次のサポートを提供いたします。

エンドレスハウザーの製品ポートフォリオは、非常に高精度で信頼性の高い計器と最先端の自動化ソリューションを特長としており、複雑な石油精製プロセス、貯蔵、受払施設の制御や操作を強化する新たなチャンスを提供します。さらに、コスト削減や環境保護の圧力により、効率、信頼性、安全性はこれまで以上に注視されており、製油所の最適化は切実な問題となってきています。

  • 生産性の最大化とプラントの効率向上

  • 衛生、安全、セキュリティのコンプライアンスを維持しながら生産能力を向上

  • 最新の環境基準への適合性を保証

アプリケーション

原油蒸留塔の測定

原油蒸留塔の高精度で信頼性の高い測定は、収率計算、生産目標の達成、計画、スケジューリングのために重要です。原油種の混合物が環境仕様に適合していることを確認しつつ、供給量を最大化する必要があります。さらに、測定誤差は、コストのかかる稼働停止や仕様外の製品につながる可能性があります。

原油蒸留塔の測定
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーのエンジニアチームが、お客様固有の重要な測定点のために適切な計器の設計や選定をお手伝いします。

信頼性の高い脱硫

厳格化する環境規制により、石油製品の硫黄含有量を大幅に削減する必要があり、このような削減は、水素化精製装置での接触脱硫によってのみ達成できます。プラント事業者にとって主な課題となるのは、信頼性の高い脱硫を実現するために、水素化精製装置内のチャネリングとホットスポットを防止することです。

信頼性の高い脱硫
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーの多点式温度計MultiSens Flexには、ノズルに取り付けられた複数の温度センサが含まれており、世界中の多くのアプリケーションに採用され、実証されています。容器には、3次元での監視と制御による信頼性の高い脱硫の為に、容器には最低限の数のノズルと開口部があれば十分です。

  • 容器の操業中に、必要に応じて、取出しや交換の可能な熱電対を使用することで、計画外の稼働停止を防止

  • 水素化精製装置内のチャネリングとホットスポットを防止

  • 効率、信頼性、安全性の向上

蒸気ボイラーの効率モニタリング

標準的な蒸気ボイラーの投資コストは相当な額になることがあり、なおかつ、そのボイラーの年間の消費燃料費だけでも、初期資本費の5倍に達する場合があります。したがって、蒸気ボイラーの燃料効率がわずかに上がるだけで、製油所全体の財務実績が大幅に向上します。

蒸気ボイラーの効率モニタリング
この分野の当社の専門知識

エンドレスハウザーの蒸気システム用のスマートスケール・エネルギーソリューションは、燃料効率を高めるために、最適な蒸気ボイラーの監視を可能にします。

  • 燃料と蒸気の消費量を可視化

  • システム内の損失を特定、数値化、割当て

  • ボイラー性能の最適化

製油所の操作プロセスおよびアプリケーションに注目

精製プロセスのプロセスマップ ©Endress+Hauser

精製プロセス

製油所における蒸留塔のプロセスマップ ©Endress+Hauser

蒸留塔

水素化脱硫のプロセスマップ ©Endress+Hauser

水素化脱硫

蒸気プロセスのプロセスマップ ©Endress+Hauser

蒸気アプリケーションプロセス

利点

製油所事業者は、パフォーマンス最大化を目指す一方で、コスト、安全リスク、ダウンタイム、排出を最小限に抑えなければならないという、かつてないほど大きなプレッシャーにさらされています。そのため、長期にわたって近くで対応可能な信頼できるパートナーが必要となります。エンドレスハウザーの経験豊富なエンジニアチームが、人間によるリスクファクターを徹底的に排除すると同時に、製油所のプロセスを最適化するために、あらゆる重要な測定点に対する適切な計器の設計や選定をお手伝いします。

  • 50%

    電気式差圧システムにより総所有コストを50%削減できます。

  • 最大50

    1つのプロセス接続につき最大50点の測定点を固定層反応器内で自由に設定できます。その結果、真のプロセス最適化の可能性を認識し、触媒寿命を予測することが可能になります。

  • 5~15%

    リモート型のエネルギー管理ソリューションにより推定5~15%を削減

当社製品ラインアップをご確認ください

関連事例

当社製品ラインアップをご確認ください