導電率センサ用ホルダ
Dipfit CLA140

©Endress+Hauser

化学、紙パルプ工業向けの浸漬ホルダ

Dipfit CLA140は刺激性の強い測定物を扱う要求の厳しいアプリケーションに適した浸漬ホルダです。Dipfitはフランジ接続およびシーリングコンセプトにより、高温/高圧環境下のプロセスから安全性を保ちます。バイオネットロックにより、センサの取付けとメンテナンスが容易です。

  • 利点

    • バイオネットによる取り付けの容易性のため、センサの設置およびメンテナンスを効率化できます

    • 刺激性の強い測定物や高温/高圧の環境に耐久性のある堅牢な設計

    • 通気性に優れたGORE-TEX®製のフィルタにより水の凝結を抑制

    • 各種フランジタイプ(DIN、ANSI、JIS)によりプロセス要件に柔軟に適応

    • 浸漬深さを500~2500 mmまで変更可能

  • アプリケーション

    Dipfit CLA140は以下の分野で使用される導電率センサ用浸漬ホルダです。

    • 化学産業

    • 紙・パルプ産業

    Dipfit CLA140は以下のセンサに対応します。

    • CLS50/CLS50D電磁式導電率センサ

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    電極式

  • アプリケーション

    水、廃水、プロセス

  • 特性

    - 浸漬ホルダ - バイヨネット式電極取付け
    - ネジ接続 G3/4" (CLS50/52)

  • 構造

    開放型および密閉型タンク、チャンネル用。

  • 材質

    ホルダ: PVDF または SS
    シール材: 他の材質選択可能

  • 外形寸法

    浸漬長: 500 - 2500mm 
    (19.7 - 78.7 inch)、特殊長は要問い合わせ

  • プロセス温度

    最高 150°C
    (302°F)

  • プロセス圧力

    最大 1 MPa
    (145psi)

  • 追加認証

    材料証明 3.1.B EN 10204

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

  • 旧機種