導電率センサ用ホルダ
Dipfit CLA111

©Endress+Hauser

浄水/廃水処理およびユーティリティアプリケーション用浸漬ホルダ

Dipfit CLA111は開放型水槽、水路、タンク用の浸漬ホルダです。バイオネットロックにより電磁式および電極式導電率センサの取付けと取外しを簡単に行うことができます。調節フランジにより用途に応じた柔軟な調整が可能です。Dipfitは標準的な浄水/廃水処理において優れた時間効率とコスト効率を発揮します。

  • 利点

    • バイオネットロックによりセンサの取付けと取外しが容易

    • 調節フランジにより浸漬深さを変更可能

    • 環境適合性のあるポリプロピレンを材質に使用

    • 通気性に優れたGORE-TEX®製のフィルタにより水の凝結を抑制

  • アプリケーション

    Dipfit CLA111は以下の分野で使用される導電率センサ用浸漬ホルダです。

    • 廃水処理施設の流入口

    • 地表水モニタリング

    • 井戸水モニタリング

    Dipfit CLA111は以下のセンサに対応します。

    • CLS21/CLS21D電極式導電率センサ

    • CLS50/CLS50D電磁式導電率センサ

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    電極式

  • アプリケーション

    水、廃水、プロセス

  • 特性

    開閉タンク、オープンチャンネル

  • 構造

    - G1" または G3/4" ネジ用
    -バイヨネット式ホルダシステム
    -ホルダ長選択可能
    -固定またはスライディングフランジプロセス接続

  • 材質

    ホルダ: PPシール材: EPDM

  • 外形寸法

    500 - 3000mm、
    (19.7 - 118 inch)、特殊長は要問い合わせ

  • プロセス温度

    最高 80°C
    ( 176°F)

  • プロセス圧力

    最大 400 kPa ( 20°C)
    (58 psi (68°F))

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア