デジタル非ガラスpH電極 Memosens CPS97D

Memosens CPS97D - 高濃度の混濁液用デジタル非ガラスセンサ ©Endress+Hauser

化学産業の高濃度の混濁液に最適

液体のpH値は、電位差測定原理を使用して計算できます。この測定原理の説明および機能については、こちらの動画をご覧ください。

Memosensは、測定値をデジタル信号に変換し、非接触接続で変換器に伝送します。Memosensによるプロセス制御とメンテナンスの最適化については、こちらの動画をご覧ください。

化学プロセス、製紙および塗料製造における高濃度の混濁液に適したMemosens ISFETセンサ

Memosens CPS97Dは分散、沈降反応、エマルジョンなどの、繊維質を含む測定物や高濃度の混濁液に特化したセンサです。破損しにくいシャフトにより長い動作寿命を保証し、オープンダイアフラムにより過酷なプロセス条件下で信頼性の高い測定を実現します。さらに、Memosensデジタルテクノロジーは、プロセスとデータの整合性を最大限に高めるとともに、取り扱いの容易さも兼ね備えています。腐食や結露に耐性があり、ラボでの校正やメンテナンス予測も可能です。

  • 利点

    • 最高の製品安全性を保証する壊れにくい構造

    • 高濃度の混濁液アプリケーションに適したオープンダイアフラム

    • 長期安定性の高い測定を提供する化学的安定性の高いリファレンスゲル

    • 低温のアプリケーションでも使用可能

    • 校正周期が長くメンテナンスが容易

    • 非接触式の電磁誘導信号伝送により最大限のプロセス安全性を確保

    • センサおよびプロセス特有のデータをセンサ内蔵メモリに記録することによりメンテナンス予測も可能

  • アプリケーション

    • 化学プロセス


    • パルプおよび製紙産業


    • 汚染された測定物および浮遊懸濁物(SS)
    - 分散
    - 沈殿
    - エマルジョン

機能と仕様

戻る

Details

  • 測定原理

    ISFET センサ

  • アプリケーション

    -化学産業
    -パルプおよび製紙業
    -鉱工業

  • 特性

    -優れた堅牢性(破損しにくい)
    -目詰まりしやすい測定物(浮遊懸濁物など)、分散や沈殿反応が発生する測定物でも使用可能
    -最小導電率 > 500 µS/cmが必要

  • リファレンス

    安定化ゲルリファレンスシステム

  • 測定範囲

    pH
    0~14

  • 材質

    センサシャフト:PEEK
    シール:FFKM

  • 外形寸法

    口径:12 mm(0.47 inch)
    シャフト長:120、225、360、425 mm(4.72、8.86、14.2、16.7 inch)

  • プロセス温度

    -15~+110 °C
    (5~230 °F)

  • プロセス圧力

    最大 1.1 MPa(絶対圧)(100 °C(212 °F)時)

  • 温度センサ

    Pt1000

  • 接続

    電磁式、Memosensテクノロジ搭載のデジタル接続ヘッド

  • 保護等級

    IP 68(10 m(33 ft)水柱、25 °C(77 °F)で45日間)

ドキュメント/マニュアル/ソフトウェア

アクセサリ / スペアパーツ

Nr
Order code
Specification