計画的なメンテナンス

Thunersee排水処理施設における機器データへの迅速なアクセスがもたらすメリット

トゥーン(スイス)にある廃水処理施設では、機器の最新情報にオンラインアクセスすることによって、施設の計測機器のメンテナンスを最適化しています。必要な文書や情報をすばやく簡単に検索してダウンロードすることができるため、プロセス用機器の重要度を評価したり、スペアパーツに付随する費用を削減することができます。

機器の最新情報へオンラインアクセスすることによって計測機器のメンテナンスを最適化 ©Endress+Hauser

トゥーン(スイス)にある廃水処理施設では、機器の最新情報を活用することでメンテナンスコストの削減を実現しました。

改善された点

  • 関連文書や最新データをオンラインで迅速に入手できるようになったことで、メンテナンスプロセスが改善された

  • 現在の制御システム内に実装されたために簡単にアクセスできる

  • スペアパーツを標準化したため、在庫管理が軽減された

お客様の課題

プロジェクトが進む中、廃水処理施設では文書管理に関するメンテナンスプロセスを最適化することになりました。これは、メンテナンスを簡単に計画できるようなWebベースのアプリケーションを導入することが目的であり、担当エンジニアによってW@Mポータルが選択されました。このオンラインデータプラットフォームは、制御システムに統合できるため、条件を完璧に満たしていました。設置されている計測機器の最新情報を常に取得できるようになれば、メンテナンスや文書の最適化が可能になります。

エンドレスハウザーのソリューション

まず、W@Mポータル内の計測機器を記録するための調査を行いました。サービス担当技術者らが、各機器のプロセス内での重要度について、ベンダーに関係なく調査を実施しました(修理リスク)。クリティカリティマトリクスが作成され、一連の機器に関しどの機器のスペアパーツや予備器を確保する必要があるかを把握できるようになりました。これによって、保管コストが大幅に減少し、機器の部品を標準化できるようになります。

制御システムへの統合

データがW@Mポータルに入力されると、該当データにリンクされる制御システムや測定ポイントへの接続が確立されます。Thunersee廃水処理施設では、表示プログラムを使って、計測機器の識別や必要情報へのアクセスを迅速に行うことができます。適切なオペレーティングマニュアル、機器情報、メンテナンス報告書、ソフトウェアドライバ、スペアパーツなどをワンクリックで入手できるだけでなく、それらは、Endress+Hauserのデータベースにオンライン接続されているため、常に最新の情報に更新されています。

設置機器に関する最新情報

Thunersee廃水処理施設では、W@Mポータルが、設置された全ての機器情報を透明化すると共に、メンテナンス作業のスケジュール、機器の交換やリエンジニアリングのような予算編成作業の際の信頼性の高い基準となっています。すべてのデータが最新ですぐに利用できる状態であるため、お客様が必要時にEndress+Hauserのサービスチームと連絡を取る際に非常に役立っています。