バイオテクノロジーにおける発酵監視

ラボからプロセスまで測定の一貫性

ファーメンタ用のデジタル式pHセンサ ©Endress+Hauser

バイオテクノロジー産業では、プロセス開発段階で分析センサのブランドとタイプが標準化されるのが一般的です。これは、後にプロセスの規模拡大が行われたときにデータの一貫性を維持するために役立ちます。それにもかかわらず、信頼性の低いセンサ信号や、信号アルゴリズムとセンサ処理に関する相違に起因する重大な問題に直面する可能性があります。デジタルセンサにより、データの一貫性を保証するソリューション、ならびに容易かつ均一なセンサの管理方法が提供されます。

デジタルセンサにより測定の一貫性が向上

  • デジタルセンサにより、信号の完全な整合性が提供され、測定の信頼性が向上します。

  • このセンサにおいては、接触面の水分や付着物は問題になりません。これは、特にオートクレーブ後に接触面に残留水分が残るラボアプリケーションで大きな利点となります。

     

  • Memosensセンサは、ラボからパイロット、そしてフル稼働生産まで、プロセスを規模拡大する、あらゆる段階で使用できます。つまり、すべての開発段階で同じセンサタイプと同じアルゴリズムを使用できるということです。

  • デジタルセンサには、自らの校正データが保存されているため、安定したオフライン環境で洗浄、校正、調整を実行し、後にプロセスまたはラボアプリケーションに設置することが可能です。