電力システム向けのスマートエネルギーソリューション

節電の可能性を見出すことで電力システムを活性化

電力価格の上昇と環境法の厳格化に伴い、どの産業の企業でもエネルギー需要に注目しています。電動システムの平均的な省エネ率は25 ~ 30%ですが、様々な生産コンポーネントの最適化までには至っていない企業が大多数です。エンドレスハウザーのスマートエネルギーソリューションはお客様の電力システムの目標達成をお手伝いします。

モータの効率

電気モータの総ライフサイクルコストの中で、エネルギーコストは最も大きな割合を占めています。このため、エネルギー効率の高いモータや周波数インバータに投資すると、たちまち元を取ることができます。モータ交換による実際の電力消費量と節約効果を数値化するには、リアルタイムの消費データが役に立ちます。

電力変換効率

電力変換効率の検討は、省エネの可能性を調べるのに役立ちます。電力変換効率は、有効な電力出力と総電力入力との比率で表されます。エネルギー上の理由以外にも、電力交換効率は次のことを行うのに役立ちます。

  • 状態と残り寿命の評価

  • 理想的な操作ポイントの見極め

  • 常時モニタリングによる故障回避

  • 大きすぎるポンプの設置

  • バイパス流量を解消する制御

  • 高効率モータの設置

  • 体積流量を複数のポンプに分けることで需要の変動に対応

システム負荷と相負荷

多くの場合、生産施設の改造/拡充が必要になります。このため、追加の単相の機器を取り付けて様々な負荷に対応させます。非対称相負荷の確認や補償には電力ネットワークのモニタリングが必須です。このモニタリングにより以下の利点があります。

  • 対称相負荷の電力効率システムの評価/ 実行。

  • 非対称負荷の指摘

  • 追加の電力コンポーネントを取り付けることができるかどうか、またその取付位置の判断。

  • システム問題/ 予定外のダウンタイムの回避。

電力システムアプリケーション

©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser

ダウンロード