ヒーティングシステムのためのスマートエネルギーソリューション

ヒーティングシステムの常時監視でエネルギーコストをクールダウン

加熱のプロセスや技術には業界ごとに膨大な種類があり、システム性能を評価、改善するには個別の手法や手段が必要です。ボイラーと加熱炉は、非効率的な燃焼や不適切な運転、メンテナンス不足によって大きなエネルギー損失をもたらすものの代表例です。このようなエネルギー損失を評価する最も単純な方法が、効率の良い測定です。

加熱システムの効率化

燃料流量、燃焼用空気、煙道ガス温度、熱エネルギー伝達速度などのパラメータをモニタリングすることにより、熱生産の効率を評価して次のことを行うことができます。

  • バーナーのアイドル運転または部分負荷運転によるシステム内の損失の確認、数値化、割当て

  • ボイラーと消費機器のベンチマークテストおよびその使用の最適化

  • メンテナンスコストとダウンタイムの最小化

  • 燃焼用空気の余熱などの手段の数値化

特定のエネルギー使用量

エネルギー使用量を特定のエリアやプロセスに割り当てることは、エネルギーマネジメントシステムの主要要素の1つであり(たとえばISO 50001など)、透明性の高い帳簿の前提条件です。製品単位あたりまたは1 m³および1年あたりの加熱エネルギー消費量を厳密に測定することは、システムの効率評価と生産プロセスの最適化に欠かせません。このデータを分析することにより、コストに重大な影響を与える負荷を明らかにすることができます。さらに、そのデータは二酸化炭素排出量の評価に使用できます。

ヒーティングシステム

©Endress+Hauser
Micropilot Mが設置されたバナーボイラー ©Endress+Hauser
溶岩 ©Endress+Hauser
エンジニア ©Endress+Hauser
Memograph M RSG40 ©Endress+Hauser

ダウンロード